あいらぶ少女コミックス+α

「今日、恋をはじめます」「ほしいのは あなただけ。」のネタバレ更新中

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今日、恋」に衝撃が走る!?

2010/12/18 Sat [Edit]

「今日、恋」77話にて―
京汰、事故る!?
いやぁぁぁぁーっ(号泣)

とても良い気分でなんて
新年迎えられないわ(涙)
何でよりによって、こんな所で「つづく」なの・・・

京汰の生死は・・・??
・・・って、京汰が死ぬなんて
絶対ありえないけど、
マジで続きが気になるじゃん!!

しばらくブログUPしてなかったけど
あまりの展開に、いてもたっても
いられず思わずネタバレしちゃいました~
スポンサーサイト

「今日、恋をはじめます」68話&69話ネタバレ

2010/10/11 Mon [Edit]

「椿君は本当はコスプレ好き
…2度目のクリスマスは面白かった。
京汰まさかの「コスプレ好き」疑惑!!!(笑)

「京汰って実はHの時、女にコスプレさせないと
全然キモチよく、なれないんだって」
「あの京汰が普通で満足できると思ってんの?
京汰がアンタじゃ物足りなくなって、
あたしの所に来るのも時間の問題ね」
…そう言われ、ユキ先輩の言葉を信じちゃうつばき。

「からかわれてるだけって気づけよ…
俺をなんだと思ってんだ…(汗)」

…京汰はショックだったみたい。
つばきに、そう思われたのが。そりゃそーだよね。
彼女に「コスプレ好き」なんて見当違いの
誤解をされて、良い気分じゃないよね。
でも、つばきなら許せちゃうかな。ユキ先輩の言葉を
鵜呑みにしちゃう所とか、つばきが素直だからこそ。
良い所でもあり、欠点でもあるよね。

「つばきが何を着てようが、どーでもいいって
前に言わなかったっけ?それ覚えてたら俺がコスプレ好きな
ワケねーって、すぐ分かんじゃん。ホント応用のきかねー奴。
だから万年2位なんだよ!バーカ。バーカ」

…確かに京汰、言ってたよね。初Hの時に。
京汰って、いつも「だから万年2位なんだよ!
バーカ。バーカ」と馬鹿にするよね。ガリ勉の
つばきには一番気に障る言葉だよね。でも、つばきを
からかう京汰も見たいし。面白いんだよね2人の会話。

つばきは「今さら」だけど不安になった。
経験豊富な京汰だから、他の沢山の女の子と自分を
比べられて、京汰が不満に思ってたら、どうしよう。
「つまらない」と思われていたら、どうしよう。
…つばきも気にするんだぁ。こーいうコト考えるんだね。
ちょっと驚いたかな。意外だなぁ。

京汰は「比べたりしてない」と答えた。正確には「比べようがない」。
「好き」だと思って付き合ったのは京汰も初めての経験だから。
これも初Hの時に言ってた。と言うか付き合った当初から口にしてた。
気持ちが「ある」「ない」では全然違って、比べ物にならない。
「中身がつばきなら、他の些細な事なんて、どーでもいい」
…キャ~ いつもだけど嬉しいコト言ってくれるよね京汰は♪

誤解は解けました~
ユキ先輩は「な~んだ。つまんない」と口にする。
以前つばきがHに嫌悪感持ってて、なのにHしちゃったから
ユキ先輩は「もう自分は用済み」だと思って、それで
つばきにイジワルしちゃった…らしい。なんだソレ←ツッコミ。

京汰はユキ先輩に「受験ガンバって下さい」と。
ああ、そっか。これが最後??ユキ先輩もう登場しない?
3年生だもんね。卒業だから出したのかな。
水波先生ってユキ先輩を結構気に入ってるんだね。
結局、ユキ先輩「いい人」だったね。イジワルしたつもりが、
2人の仲よけい深まっちゃったワケだし(^^)v


「西希の代わりにバイトするコトになったァ!?」
…イヴなんて約束しなくても空けとけよ。呆れる京汰。
2度目のクリスマスこそラブラブと思いきや、つばきが働く事に…。
さくらに頼まれたのだ。さくらは西希とイヴ一緒に過ごしたいから
「今、別れの危機なの。イヴ一緒に過ごせないとヤバイかも」とウソついた。

でも、いつも京汰の代わりに西希がバイト入ってるから。
つばきの都合で代わった事もあるし(苦笑)
たまには代わってあげないと、ね。さくらは更に追い討ちを…
つばきが京汰と付き合えたのも西希がバイト代わってくれた事も
関係あるし。さくらと西希の協力のおかげ、でもある。
それ言われたら、つばき断れないヨ。バイトするしかない。

「あーもー しょうがねぇな」
…京汰ってば優しいんだから!!
呆れながらも、つばきを許しちゃうんだから。
と言うワケで、京汰のバイト先で一緒に働く事に♪
一日限りだけど一緒にバイトしてるっ。
しかもバイト中にチュウ(キス)してる。京汰ってば(照)

しかも京汰は「タダ働き」で、つばきのフォローする
ためだけに入ってくれてる。優しい彼氏、サイコー!!
つばきは案の定、失敗して京汰がさりげなく且つ
無駄のないフォロー。「カッコよすぎる」と惚れ直すつばき。


つばきの「エロ・サンタちゃん」も見どころデス。
クリスマス・イヴにしてはイマイチ客が少ない。
店長に言われ、サンタの格好で「客引き」する事に…。
京汰は、つばきが「ヒゲ面おさげサンタ」になったら面白い、
と思い「後で写メも撮ってやる」と、つばきに客引きさせる。

急に店内が混みだした。人がいっぱい。
店長は京汰の彼女の「サンタ効果」だと喜ぶ。
京汰が想像するサンタでは客が増えるワケがないのだが…。
「もう充分だから彼女を呼び戻してきてよ」
店長に言われ、つばきを呼びに行く京汰。

京汰は驚いた!! つばきは真冬なのにミニスカート。
背中は大きく開いてる…と言うか、もはや丸見え(汗)
まさしくエロ・サンタちゃん!!なんて格好してるの!!
「ヒゲ面おさげサンタ」とは正反対の格好だったのだ。
髪も三つ編みじゃなく、ほどいてカワイイし。

「そんなに寒いのなら、オジサンが暖めてあげよう」
…酔っ払いのオッサンが、つばきに抱き付きそうで(><)
「俺の女に触るんじゃねぇ!!」
キャ~ こんな状況だけど嬉しい♪
「俺の女」だって。もう京汰ってば(照)←何度も
オジサン殴られてカワイソウだけど(苦笑)

「そのエロ・サンタの格好、今すぐやめてくれねぇ?
他の男どもに見せたくねーんだよ」

…照れながら言う京汰もカワイイわ。
そして、つばきが着替えて普通のサンタの格好で登場するが…

「椿君…っ。どうしよう…
これサイズが、ぶかぶかすぎるよ」
…男の人サイズだから?? ズボンなんか裾が引きずりそう。
明らかに大きいサイズ着てますってカンジ(笑)

でも京汰は「ズキュ~ン」と胸に矢が刺さってました(爆笑)
さっきのエロ・サンタより、キタみたい(笑)
ああ、京汰も男の子なんだね。男って、こーいうのスキらしい。
彼女が彼氏のTシャツ(上着)だけ着るとか萌え~
これがサンタじゃなく、京汰のYシャツとかだったら…
いや~ん。イケナイ想像しちゃいます!!←オイ
ちょっと変態妄想と言うか、そういうスイッチが!!

※更新するのが71話より後になって、すいません。

「今日、恋」9巻の待ち受け

2010/10/07 Thu [Edit]

「今日、恋をはじめます」コミック10巻の
アニメDVDの内容が明らかに!!

『初めてのクリスマス』を収録。
あの「椿つばき」のメチャ甘エピソードですね。
うれしい~(^^) 早く見たい。

気が早いですが、2度目のクリスマスも映像化求む!
2度目はラブラブな上に笑えますからね。
京汰への「あの疑惑」に爆笑モノですよ。
ユキ先輩も出てきますし。いつの間にか先輩、引き立て役に…。

そして小説は…クリスマスの後日談。
こちらも甘々だそうで♪
作者は小説版を担当された高瀬ゆのか先生。

Sho-Comiモバイルでは毎週水曜日に
オリジナル待ち受けを無料で配信中ですが…
10月6日の待ち受けは「今日、恋」と「鈴木くん」でしたね。
皆様、当然ゲットされましたよね??

愛夢のケータイは既に「つばき&京汰」ですよ。
やっぱ9巻のカバーは良いですよね~(^^)v
背景もキレイだし。待ち受けになって嬉しいです!!

「今日、恋をはじめます」71話ネタバレ

2010/10/04 Mon [Edit]

「東大」志望から「青宮」志望へ変更!!
ビックリしました~
てっきり京汰は東大一直線!だと思ってたから。
京汰が東大志望だったのは、神永教授がいたから。
去年、教授が青宮大学に行ってしまったので青宮に変更。

青宮大学は京都にあるので、つばきは不安になる。
卒業したら「離ればなれ」になるかも。
それなのに京汰は笑顔で平気そう。「寂しい」と感じるのは、
私だけなの?…つばきはショックを受ける。

「俺に京都に行って欲しくない?」と京汰に聞かれ、
「そんなの決まってるじゃない」
と答えようとするが、先に京汰に言われてしまう。
「つばきは、そんな、くだらねぇコト言うような
奴じゃねーじゃん? そこが、いーよな」


つばきには「くだらねぇ」という言葉が引っかかった。
そして、つい強がってしまう。「寂しい」という感情を
抑え、飲み込んでしまう。
「…当然でしょ。進路より恋愛を優先するなんて、
ありえないよ! 逆に私のために進路変えるとか
言われたら、見損なっちゃう」


その言葉にウソは無かった。進路で離れてしまうのは仕方ない事。
つばきがショックだったのは、京汰が寂しそうじゃない事。
だから、つい嫌味まで言ってしまった。
「本当に京都に行ける?青宮大学なんて東大並みの超難関校。
いくら椿君でも、難しいんじゃないの?」

…つばきは反省した。ショックだったから、とはいえ椿君に
酷いコト言っちゃったな。椿君なら、きっと受かる。

つばきは予備校の掲示板で神永教授の講演会を見つける。
日にちや時間、会場などをメモする。京汰に知らせるため。
先ほどの「くだらねぇ」という京汰の言葉が気になりつつも、
メモを取ろうとする。つばきは、やはり良い子です!
けれどメガネの男の子が、その掲示物をやぶって持ち帰ろうとする。

「はいスットプ!そこのメガネ!!掲示物はやぶり取る
ものじゃありませーん。予備校来る前に常識、勉強してきな!」

…注意したのは、つばきではなく、成慶高校の女生徒。
成慶高校は、つばきの第一志望高校だった。

その女生徒は掲示物を貼り直すと、つばきに微笑んで…
「あなたも神永教授に興味あるの?もしかして航空宇宙系志望!?」
つばきは「彼氏に知らせてあげたら喜ぶ」かと思って、と説明するが
「恋愛に浮かれてると受験ヤバイかもよー」と言われてしまう。
その女生徒の言葉に、つばきは怒りがこみ上げてきた。

「私は椿君に出会えて変われたの。椿君を想うコトを
無駄なんて思わない!! …それに中学の時、一人きりで
ものすごく頑張ったけど、志望校全滅してるんでっ。
受験の失敗を人のせいには絶対しません!!」

…残念すぎる過去を堂々とカミングアウトする、つばき(苦笑)

「あなた名前は?」
なんと女生徒は、つばきを追いかけてきた!!
恐る恐るドキドキしながら「ひ、日比野…ですが…」と答える。
「ねぇ日比野。私あーやってハッキリ言い返してくる奴ってさぁ…
すっごい好み、なんだよね!!
私、菊月菜子。お友達から、どうぞヨロシク!!」


―!?えええ~っ!? び、ビックリした~~
『ケンカごし』なのに、笑顔全開なんだもん。
てっきり絡まれるかと思ったら「お友達に」だもん(笑)
次の日、京汰に話したら「ぶははっ」て笑われたもんね。
「でも良かったじゃん。つばきが初日から
友達できるなんて奇跡だろ」
そう京汰に言われて、
つばきは「あれは友達って言うのかなぁ…」と、つぶやく。
確かにビミョーですよね(笑)菜子チャン面白い子だ。

つばきがメモを渡すと「絶対、行く!!」と京汰に抱きしめられた。
「お前って本当にイイよな…!」…京汰はメチャ嬉しそう。
大学を京都にする、と話した時つばきの様子が変だったから、
まさかメモとか取ってきたり嬉しいコトしてくれる、なんて京汰は
思ってなかったみたいで…。「マジありがとな」感謝の気持ちを伝える。

「そんなの…彼の決めた進路を応援するのは
彼女として当然なコトでしょ?」つばきは笑顔だが、
それは作り笑顔で、続けて今度こそ本音を言った。
離ればなれになる事を少しでもいいから寂しいって思って欲しかった。
そしたら、もっと…心から応援できたのに。

「……なぁ、離ればなれって何のコト?」
京汰の言葉に、つばきは目が白目に。
「東京と京都って、そんな遠いか?」
…つばきにとって意外な言葉ばかりが京汰から返ってくる。

「京都の大学に行こうが、会いたい時は、
すぐに会いに来る気でいるから。
寂しくなるとか全然思わねぇよ」

…なるほど。『全然』が付いてるのがイイよね。
京汰には、まったく不安が無いワケですね♪
だから「くだらねぇ」だったのね。つばきを信じてるから、
会いたい時は飛んで行くから…『距離』なんて感じさせない。
京都に行く行かない、でモメるのが「くだらない」。そーいう意味か。

でも、つばきは引き下がらない。納得できない。
「そんな考え椿君だけだよ。京都は遠いって思うのが普通だよ!」
「…じゃあ、どっちが正しいか、つばきも一緒に行ってみる?」
―土曜日、京都行き大決定。
わ~い♪ 2人で遠出だぁ←オイ
2人きりで旅行って初めてじゃない?←だから旅行じゃないってば!
…すいません。講演会だもんね。遊びに行くんじゃない。
進路―将来のために勉強しに行くんだもんね。


新キャラ「菜子チャン」について
かなりタイプかも~ 好きだよ、こういう娘。
掲示物のコト注意した時なんて「カッコ良い☆」と思ったし。
なんかサバサバしてる、と言うか。男勝りで。
友達アピールの仕方はビミョーだけどね(笑)面白いからOK!

ところで菜子ちゃんは今後いっぱい登場しますよね。
と言うか、もう次回72話で出てきそう。菜子チャンも神永教授の
講演会来ますよね。掲示物の写メ撮ってたし。
それで講演会で、つばきと再会!!…という展開。

それどころか京汰と同じ大学かも。てか科も同じ?
つばきが行きたかった例の名門校「成慶」だもんね。
当然、頭良いよね。京汰くらい??
はっ、まさかライバルになったり…は、しないか。
京汰に興味とか持っちゃったり、しないよね??
今のところ、そんな気は全然しない。でも大学同じになったら…?

てか、この流れだと確実に大学生編もアリ??
私的にはメチャ嬉しい!!大学生編も描いて欲しい。
ああ、色々浮んでくるなぁ。今後の展開考えるの楽しい♪
菜子チャンの登場で、またまた楽しみが増えたよ。
まだ、どんな子か分かんないけれど、たぶん良い子だし。

成慶の子が出てくるのは嬉しいです!小説も読んでるからね(^^)v 
七穂チャンと仁科クンも出てこないかなぁ~
余談ですが成慶の制服よりも、つばき達の方が好き。
つばきの高校はスカートがカワイイ。やっぱチェック柄でしょ。

「今日、恋」祝★4年目突入!!

2010/09/20 Mon [Edit]

つばきと京汰
離ればなれに…??

高校2年の3学期―
いよいよ進路!!新キャラも登場!!!
…詳しいネタバレ&感想は後日。

「今日、恋をはじめます」10巻
10月26日(火)発売大決定!!!

アニメDVDつき限定特装版も同時発売★
さらに今回の限定特装版には
『書きおろしラブラブ小説』入り♪♪

「今日、恋」と縁結びの神様
「京都・地主神社」がコラボ♪

少女コミック20号にて『御守』プレゼント!!
みなさん応募しましたか??
愛夢はもちろん応募しました。当たりますよ~に!

「今日、恋」アンケート(9巻)

2010/08/31 Tue [Edit]

「今日、恋をはじめます」9巻のアンケートを実施します!
皆様、ご協力お願いします!! 時間のある方は、
お手数ですが下記の質問に答えてやって下さい。

質問は全7問。9巻限定版を購読された方は全問。
通常版の人は②~⑤は無投票で。
もちろん1問だけでもオッケーですよ!

※このアンケートは小学館や水波先生、声優さんなど
9巻に携わった人達には、一切関係のないアンケートです。
このブログの管理人・愛夢の独断で作られた物です。
このアンケート結果などで何か問題が起きても、
愛夢は一切責任を取れません。その点はご理解下さい。
なお答えようのない質問などもご遠慮下さい。












































【質問】
①9巻は限定版か通常版どっちを購読した?
②アニメDVDの映像の評価は?
(とても良かった・良かった・ふつう・良くなかった)
③アニメDVDのキャスト(声優)は誰が良かった?
(つばき・京汰・深歩・ユキ先輩)
④アニメ本編の完成度は?
(とても良かった・良かった・ふつう・良くなかった)
⑤エンディングの感想は?
(水波先生のイラストが良かった・曲がカワイイ、曲が好き
イラストも曲も良くない・その他の感想)
⑥今日、恋キャンペーンに応募する?
(応募する・期限までに応募する・応募しない)
⑦京汰のキャラクターソング(CD)を買う?
(買う・曲は聴きたいけどCDは買わない・買わない)

【愛夢の答え】
①限定版(アニメDVDつき)

②映像は「とても良かった」と思います!!
水波先生がおっしゃる通りクオリティ高い☆
とくにプラネタリウムが、とてもキレイだった。
このままTVアニメになってもオッケーじゃない?

③深歩ちゃんの声がお気に入り。伊瀬さんは
「うわさの翠くん!!」の翠も演じられています。
伊瀬さん本人も可愛らしい方で♪
あとユキ先輩もセクシーな声でナイス(^^)v
あれ?主役2人は??(←自分にツッコミ

④アニメ本編の完成度は「良かった」です。
21分と言うと、アニメ約1話分ですよね。
1話分に入学式の出会いから両想いになった
図書館エピソードまで収録したのは見事!!
よく収録しましたね。だいぶカットされてますが。
でも何回も見よう、とは思えませんでした。
まだ1回見ただけです。…もう1回見直そう、かな。
何回も見たら、感じ方も違ってくる、かも(?)

⑤エンディングがある事に、まずビックリ!!
京汰のキャラソンも発売されるけど、一足早く
つばきの歌を聴けちゃう、なんて♪♪
水波先生のイラストたくさんで超ウレシー
それに曲も超カワイイ。けっこう好き。
実はアニメ本編よりエンディングがお気に入り(笑)
本編は1回だけなのに、エンディングは3回も見た。

⑥「今日、恋グッズ」が当たるキャンペーン。
もちろん応募しますよ!!
全部欲しいけど、トートバック希望かな。

⑦「聴きたいけど、CDは買わない」です。
先日ブログで話した通りです。
基本キャラソンはCD買いません。
そりゃ聴きたい、ですよ。聴けるものなら。
試聴とかで聴けたら、いいのにな~

「今日、恋をはじめます」67話ネタバレ

2010/08/05 Thu [Edit]

まだ上映前なのに京汰のお母さんは一人で出てきた。
プラネタリウムの入口にいるつばきが、お母さんに気付き
「椿君とちゃんとお話できなかったんですか!?」と訊ねる。
「ううん。ちゃんとできたわ。離れていた7年分。
それと…これから先の一生分もね」
京汰のお母さんはプラネタリウム(京汰)の方を見て
「京ちゃんと、よく来た思い出の場所なの。だけど、
それは今日まで」そう言って、つばきに引換券を渡した。

「今日からは、あなたとの思い出の場所にしてね」
お母さんは笑顔で言ってくれたが、つばきは遠慮気味。
もともとは京汰にあげるつもり…だったが、お母さんのを
断って京汰は自分でチケットを買ったようだ。
「私は、もう明日北海道へ引っ越してしまうし、
今日使っちゃってくれた方が助かるわ…“つばきさん”」
お母さんに“つばきさん”と呼ばれ、その言葉に反応するつばき。

「あなたの名前つばきさんっていうのね。
京ちゃんが、そう呼んでて内心すごく驚いてたのよ」
「すみません!あたし名乗ってもいなかったんですね。
日比野つばき…といいます。ひらがなで“つばき”です」
つばきが頭を下げて改めて名乗ると、お母さんはフフッと笑い
「ごめんなさい。将来を想像したら楽しくなっちゃって…」

「あ…もしかして名字と名前が同じになるって事ですか?」
“椿 つばき”
照れながらも、お母さんの言ってる事を言い当てるつばきに、
「もし、そうなったら…とても珍しくて、
とても素敵なお名前になるわね…!」

…お母さんは、つばきに同意してくれた!!
つばきは更に照れたが、笑顔になって
「あたしも、そう思います」お母さんに素直な気持ちを伝えた。
お母さんが頭を下げたので、つばきも慌てて下げ返した―。

つばきがプラネタリウムの中へ入ると京汰が座っていた。
「よお」つばきに軽く挨拶する京汰。
京汰の隣の席に座り、つばきは気付いた。お母さんからの誕生日
プレゼント―『月の3Dパズル』を京汰が持っている。
一度は突っ返したのに、ちゃんと受け取った。
「プレゼント受け取ったんだね」
「あの人、未練残すと、また懲りずに会いに来そうだから…
最初で最後」…そうつばきに話す京汰が潔く見えた。『ケジメ』と言うか
京汰は意志が強いと思う。一度決めた事は曲げない。

「これから、しばらく帰りウチに寄れよ。お前がバラバラにした
パズルとコレ(月の3Dパズル)とパズル三昧に、付き合えよ」
つばきの不注意?で京汰が一晩で完成させたパズルは
バラバラ―哀れな姿に…。つばきは「その節は、すみません」と反省。
「…って、や…そーじゃねぇんだよ」
京汰は口に手をあてて、テレ気味に。本当はお礼がしたいのだった。

「…悪かったな。ウチの事情に巻き込んで。
けど正直助かった。…ありがとな」

テレながらも素直にお礼をする京汰の表情は穏やかだ。
心からつばきに感謝しているのが、とても伝わる。
「あ…あたし、お礼を言われるような事は何も…
本当は…椿君が体育祭で助けてくれたみたいに、
力になりたかったんだけど…」謙遜するつばき。

「はァ?あんなの…比べもんになんねーくらいお前の方が…―っ」
照れて珍しく言葉を詰まらせる京汰。
なりふり構わず、つばきのために頑張った体育祭。
京汰は「そんな自分なんてカッコ悪い」と言ったが、
つばきは「今までで一番カッコイイ」と伝えたのだった。

突然、京汰の顔が近づき…つばきはドキドキするが
「えっ…あ…リクライニング!そうだよ天井見るんだもんねぇ。
プラネタリウム来るの小学生以来だから忘れてた!」
…キスされるかと思ったつばきは赤面。
つばきのイスをたおしてあげて、その後自分のもたおす京汰。
けど京汰のは完全に『照れ隠し』ですね。
顔近づけ過ぎ…だから。これでは、つばきも勘違いします。

「…すげー力になってるよ。つばきが
俺のもので いるだけで」

京汰がスゴイ嬉しい『最上級の言葉』を伝えると照明が消え
「プラネタリウム“宇宙散歩”これから皆様を星空観測の
人気スポット―ハワイの星空に、ご案内致しましょう」上映開始!!
「あー…ハワイの空って波照間の空に似てんだよな。
だから、ほら…南十字星」京汰の解説どおり星が天井に浮ぶ。

「ハワイは波照間より緯度が低いから、水平線より
ずいぶん上に見えんだよな。…って、聞けコラ」
京汰の説明に無言のつばき。
「ん…聞い…てる」波照間の時と同じく、つばきの目から涙が。
でも泣いてる理由は違う。星を見て感動ではなく、京汰の言葉に
うれし泣きしているのだ。『つばきが側にいるだけで、いい』
そんな最上級の言葉を、この星空の中で聞けたのが、
つばきにとって、とても幸せな事なのだった―。

―この幾億の星の中、同じ地球の中の、同じ国で生まれて
大勢の人の中、出会って恋人になる。
なんて気の遠くなる奇跡みたいな確率なんだろう―

…その『奇跡みたいな確率』で、2人は恋人同士になった。
つばきは京汰に出会えた事、恋人になれた事に感謝したのだろう。
『運命の相手』と今こうして一緒にいられる。幸せを改めて実感した。

泣いてるつばきの手を京汰が握って、2人は手を繋いだ。
京汰がつばきの肩にもたれ掛って眠ってしまう。
パズルを徹夜して完成させたから…つばきはそう思うが、
京汰が寝てしまった理由は徹夜だけじゃない、と思う。
京汰にとって、つばきは『聖域』…安心できる場所なのだろう。
心地よくて安眠できる場所…かけがえのない唯一の存在。

つばきは心の中で誓った。そして願った。
―椿君が寄り掛れるような存在でいられるように
頑張っていこう。だから、どうか一緒にいられる、
この奇跡が、できる限り永く永く続きますように―


上映が終わって、出口にいる2人。
「あー最悪だ。プラネタリウムで寝た事なんてなかったのに」
悔やむ京汰を、つばきが労う。
「寝不足であの暗闇じゃ仕方ないよ。また何度でも来ようよ。
あたしも来たいし!だって波照間島で見た満天の星空と
ソックリで、自分が波照間島にいる気分に―」
「そーなんだよ!!!」つばきが分かってくれて嬉しい京汰。
京汰の目がキラキラ輝いた。星の話の時は『特別』ですね。
本当に嬉しそうに星の話をする京汰だった。

「送ってくれて、ありがとう。おやすみなさい」
つばきがお礼すると京汰が「いーの?俺ついてかなくて」
「俺のせいで帰んの遅くなったって。俺からうまく説明して
やるけど。…お前と付き合ってるって、挨拶もかねて」

―それって親に紹介って事? つばきの心臓がドキンと跳ねた。

けれど激怒してる母親の姿が浮んで…
「うちの娘を変な事に巻き込まないで!こんな夜
遅くなって!!今すぐ別れてもらいます!!」
…つばきは想像だけで震えた。
「き…今日は遠慮しとく……」

そう言ったが、その後付け加えた。京汰の腕を掴んで
「でも!きっとお願いする時が
くるから、その時は よろしくね…!」

京汰は頬を赤くして、つばきを抱き寄せ
「あーあ。帰したくねーな。…や、帰すけどさ」
「―…帰る家が同じなら
いいのにな」


「なんてな。また明日―」京汰は冗談っぽく流したけれど…
つばきは『結婚』を意識したのだった!!!
―まだ高校生の、あたし達が、それを実現するには、
あといくつ奇跡を重ねれば、いいんだろう。
きっと願うだけじゃ叶わない。だから一歩一歩
努力してく。その奇跡を、カタチにするために…―


一人母親に叱られるつばきの姿が。
だけど、とりあえず今回は回避した。一安心。
そして2つのパズルも完成した。2人は喜び合った。
南十字星のパズルは壁に飾られ、
月の3Dパズルは京汰のお母さんがくれた
プレゼントの品々と同じ棚に置かれた。一度は捨てる気だった
京汰だが、ちゃんと全部大切に飾ってあるのだった。 ―つづく―



きた、きたぁー もう今回は『結婚』の二文字ですヨ(^^)v
きゃあ、きゃあ 超意識しちゃいます! やったぁ♪♪
しかも親公認ですよぉ。
京汰ママ「とても素敵な名前」だって言ってくれたしぃ~

でも、つばきママは…(><)(―△―;)
皆様が今回つばきママに紹介するとか、おっしゃってたから
愛夢も一応覚悟して読んだワケですよ。
結局まだ紹介しなかったけど、ドキドキした~
とりあえず良かったですよね。今したらタイミング悪すぎだから!!
でも、いつかは…その際は京汰、頑張って!!!

67話の萌えポイントは…
京汰が「よお」と少し照れて挨拶したのと、
プラネタリウムの幾億の星の中で、すやすや眠る京汰に、
つばきも寄り添って添い寝してる2人。もうメチャ良い。
寄り添ってる2人が可愛くて。言葉で言い表わせない程。

あと京汰のセリフに嬉しさが止まらない!!
「帰したくない」とか「帰る家が一緒だったら」とか。
もうマジで、つばきになりたいよぉ。
読んでて顔がニヤけてて、愛夢怪しい人みたいだった。

それと感動したのが、つばきの考え方。
京汰と出会えて、恋人になれた『奇跡』。
そんなの考えた事ない。そんなの考えて恋愛した事一度もない。
改めて感じたよ。恋人になる事、結婚―結ばれる事。
それって、とてもスゴイ事なんだって。
そう思えるつばきって、なんて健気なんだろう。偉大なんだろう。

次号より新章スタート!!で~す。今度は何が起こる??
ぜんぜん展開が予想できないんだけど、とにかく楽しみ。
まだまだ連載続きますよね。もっともっと続いて欲しい!!

「今日、恋をはじめます」最新情報

2010/08/04 Wed [Edit]

「今日、恋」最新ニュース
秋ごろ(10月26日?)発売のコミック10巻にて
アニメ第2弾 制作決定!!!


わ~い\(^0^)/ またまたアニメ化ですよ~
第1弾は「両思い~ラブラブ図書館エピソード」
でしたが、第2弾はどのエピソードかしら??
今度はさくらとか西希も出てきて欲しいですね。

ハルが出るとしたら、一気に6巻まで飛びますね!!
でもハルとのエピソードはアニメになったら面白そう。
第1弾みたいにクオリティ高めで映像になったら、
より臨場感と言うのでしょうか、あのシーンがイキイキ
すると思います!!つばき&京汰の喜怒哀楽も、
より引き立つと思います!!早く映像化して欲しい~

価格は…まだ未定? 仕様は第1弾と同じなのかしら?
第1弾と同じく限定版で1750円??
そして声優サンも同じなのかしら??

「今日、恋」最新ニュース その2
アニメED曲
「いじわるな恋」(歌:伊藤かな恵)
9/8(水)CD発売決定!! 価格1200円


アニメ第一弾のエンディング曲もCD化ですよ~(^^)v
京汰のキャラソンCD「New World」は7/22(木)発売!!

…さらに嬉しい情報★
コミック9巻が驚異的大ヒットで
緊急大量重版!!!

はい。またまた『重版』かかりました~(^^)v
半年くらい前だったかな。「今日、恋」のコミックが
売り切れ続出してて、本屋に置いてなかったんですよ。
それで買えない時期があったんです!!2度目?の重版スゴイ♪
今後も、もっともっと「今日、恋」が広がっていって欲しいですね。

「今日、恋をはじめます」66話ネタバレ

2010/07/18 Sun [Edit]

「ついさっきまでココにいたんですか!?」
―椿君のお母さん、
あの後すぐには帰らなかったんだ…


つばきはベアバ(カフェ)にいた!!
夕方、京汰と別れてから京汰の母親の元へ…
やはり母親に会いに行きましたね(^^)
つばきなら会いに行くと思ったよ。

「あの…どっちへ行ったか、わかりませんか!?」
「え~~と…たしか左…?」
「ありがとう、ございました!!」
―まだ間に合うかも、しれない…!


店の店員?にお礼をして、つばきは走った。
けれど母親は見つからなくて、いつの間にか駅が見えた。
―さすがに電車に乗っちゃってたら、捜せないよ…
「あんな嘘…つくんじゃなかった」
―あたしの身勝手な想いで、椿君と椿君のお母さんが
話し合える、最後のチャンスを潰してしまった。

…つばきは後悔していた。そして自分を責めた。

「俺がいいっつってんだから、いーんだよ」
―椿君はそう言ってくれたけど…だめ。
それに甘えたら、この先ずっと後ろめたくて、椿君と
向き合えない。だから今日できる限りのコトをするんだ!

…それにしても…椿君のお母さんの連絡先くらい
聞いておけばよかった…!!もう家に帰っちゃってるかな…
明日、北海道に引越しだもんね…すっかり日も暮れて…

―夜空を見上げて、つばきは気付いた!!
お母さんがプラネタリウムの引換券を持っていた事を!!

一方、京汰の部屋では…
―つばきのヤツ…あの人のコト捜しに行ったんだろーな…
京汰が何度も、つばきのケータイに電話しているが、
「あーもー全然つながんねー」
留守番サービスのアナウンスが聞こえるばかりで、
つばきは出なくて、頭をガシガシ掻く京汰。

―とりあえず、さっきのカフェ捜しに行くか…
京汰が出かけようとした時、つばきから着信が。
「つばき!?お前、電話くらい出ろ…」
「椿君、お願い…今すぐ来てもらえませんか…?」

―プラネタリウム『宇宙散歩』。
京汰がかけつけると、そこには京汰の母親もいた。
「あの…勝手なコトして、ごめんね。
でもっ…やっぱり最後にお母さんと話すか、
どうかは椿君自身で決めて欲しくて―…」

「何してんだよ」

…京汰は怒った。けれど、それは『つばき』に対して
じゃなく、『母親』に向けて言い放った言葉だった!
「何してんだよ。俺のいない所で、
つばきの事、巻き込むなよ。

こいつマジメだからスルーできなくて、ヘンに傷つくだろーが」


…つばきを自分の胸に抱き寄せる京汰
もう超、超カッコイイ!!つばきに、なりたいヨ。←え?
愛夢も京汰に抱き寄せてもらいたい!守られたい!!(爆)
つばきの方を叱らない京汰が素敵。彼女のコト大事にしてる。
つばきのコト信頼してるんだね。つばき嬉しいだろうネ♪
しかも、つばきが傷つくのを京汰は絶対に許さない。
傷つけるのが誰であろうと。それが身内でも。

「つばき、俺らのコトはもーいいから今すぐ帰れ。
お前の親、激怒してるって妹から連絡あったぞ」

「でも…」京汰の手に触れると手が冷たかった。
それで、つばきは悟った。―椿君、緊張してるんだ…。
そうだよね…10歳の時に、お母さんが出て行ってから、
まともに話すの初めてだもんね……


つばきは拳を強く握りしめて…
「ううん!戻ってくるまで
待ってる…迷惑でも絶対っ…!」

「―…アホか。迷惑な
わけねーじゃん」

…もう2人最高!!!何なの、このベストカップルは!!
愛夢を『萌え死に』させる気ですか!!!(爆)
連絡も無しに帰って来ないから親が激怒してるっていう状況で、
自分の身なんてお構いナシに京汰の事だけ考えてて♪
そんな、つばきに京汰は「迷惑なわけねーじゃん」と
スゴイ嬉しそうに微笑んで…(^^)v もう最強じゃん!!
そして「頑張って」と、つばきは京汰にエールを送った。

「この屋根、懐かしいねぇ…昔、よく来てた頃と
全然変わってない。でもプログラムはずいぶん
変わったね。上映中にアロマが香ったりするんだって…!」

…母親だけ一方的に話してて、京汰は無言で会話に
なってない。母親が気を遣って明るく話してるカンジかな。

「まもなく20時の回しめきりまーす」
「あっ…京ちゃん急ご…京ちゃん…?」
…京汰は突然立ち止まり、イスに座った。
「俺はアンタとプラネタリウムを楽しみたくて、
ココに来たワケじゃねーから」

…京汰の言葉に沈黙が流れる。
「京ちゃん…あの…元気にしてる…?」
…それでも尚、京汰に気を遣う母親に、京汰が本題に入る。
「俺に話したいコトって?」

母親は観念して、もう話すしかない、と覚悟を決めた。
でも、父親のコトは話しにくそう、だった。
それが伝わってきた。話を切り出す勇気がいった。
「つらい思いさせて、ごめんね…」
…母親は、まず京汰に謝った。「つらい思い」と言うのは、
母親が出て行った後に「俺もお前も、あの女に騙されたんだ。
捨てられたんだよ!!」と父親に殴られた、つらい過去。

「…ずっと意味わかんなかったんだけど。耐えきれなくなる
くらいなら、何であんな暴力男と結婚なんか、したんだよ」

「…お父さんは教師という職業がぴったりな思いやりのある、
とても優しい人だったのよ。赴任先が変わるまでは―…」


若かれし頃の京汰の父と母―
「はぁ…もう限界だ」頭をかかえて悩む父。
「また生徒さんと何かあったの?」
「俺…教師に向いてないよ…」弱音を吐く父親に、
「何言ってるの!あなた以上に教師にふさわしい人なんて
いないわ。もうちょっと頑張り続けたら、
前の中学校みたいに、うまくやれるわよ!」

…母親は笑顔で励ます。いいお母さんじゃん。
やっぱり京汰のお母さんだ。すごく良妻だったのにね。

ちゃんと旦那をたてて、旦那に尽くして…
それなのに父親は暴力をふるってしまう(><)
「何も知らねぇくせに適当なコト言ってんじゃねぇ!
俺の辛さが、お前に分かるか…!」何度も殴り続ける。
繰り返し夫に殴られ、母親のカラダは全身アザだらけ。

しかも殴っておいて、「俺にはお前しか、いないんだ…
もう、こんなヒドイこと…俺にさせないでくれよ…」
と泣いて妻を抱きしめるのだ。う~ん理解できん。
DVを批判するワケじゃないけど、愛夢には無理だよ。
暴力ふるうのも『愛情』なのか。
それとも『弱さ』から殴ってしまうのか。

それでも京汰には手を出さなかったから、
母親は繰り返し暴力されようが、耐えていた。
けれどパート先で…
「椿さん、どうしたの。そのアザ。もしかしてDV受けてるって
ウワサ本当なんですか!?」店長に心配される。
「私に出来る事があったら何でも言ってください。
力になります、から」そうして店長に相談するようになった。

「ご主人のDV減ってきたんだね…!」
「店長が親身になって対策を色々調べてくださった、おかげです」
「役に立てて本当によかっ…僕は最低だな。ご主人との関係の
修復を心から喜べない…京香さん、僕と結婚してください!
僕ならアナタに暴力に脅えることのない毎日をあげられる…
もちろん息子の京汰君も一緒に…!」
「店長…そのお気持ちだけ…ありがたく受け取らせてください」

店長のプロポーズを母親は断ったけれど、
父親は母親の変化を見逃さなかった。気付いてしまう。
そして興信所に身辺調査を依頼していた…。
ちょっと待った!!すいません、話の途中ですが…
京汰の母親の名前『京香』なんだね。
顔も母親似で名前も一字とったんだね。何か嬉しいな。
親の名前を一字でも使う、とかってイイじゃん。
愛夢もお祖父ちゃんから、一字もらいました。

「離婚の原因が私の浮気という事になって、
京ちゃんの親権は、どうしても取れなかった。
DVの証拠は全部、お父さんに捨てられていて…
暴力がなくなったのも、離婚調停までに私の体から
傷跡を失くすためだった…。だから…だからね、
私は京ちゃんのコトが、どうでもよくて家を出た
ワケじゃない。一日でも京ちゃんを想わない日は
なかった。それが今日、最後に伝えたかった事よ…!」

…お母さんの目から涙が。京汰への想いを必死に伝える。

「…どんな言い訳されたってさー…暴力親父の元に
置き去りにされた事は変わんねーし。DVの可能性に
気づいてからも全然、許す気になれなかった。
―けど、最近の俺は…大切でも手放さなきゃならない、
もどかしさ、とか自分から手放したくせに、諦めきれずに
取り戻そうとするカッコ悪さ、とか…
色々わかるようになったんで今日、
本当の事情が聞けて、よかったって思う」


…「大切でも手放さなきゃならない、もどかしさ」とか
「自分から手放したくせに、諦めきれずに取り戻そうとする
カッコ悪さ」と言うのはハルとの出来事です(7巻参照)。
ハルとのすれ違いで一度つばきと別れた事を思い出す京汰。
その時の経験があるからこそ、冷静に母親の話も聞けた。
そして母親と本音で語り合えた。
母親の事情を聞けて「よかった」と思うことも出来た。

言いたい事が言えて納得したのか、京汰は立ち上がり、
お母さんから立ち去ろう、とする。
「京ちゃん、待って…!
これ…っ、私の北海道の連絡先を…」

「あー…いらね。もう2度と会うつもりねーから」

「やっぱり…許してもらえないよね…」
「そーいう事じゃねぇんだよ。アンタは今
その人と幸せに、やってんだろ?」

…お母さんの手には、しっかり結婚指輪が。
それでも申し訳なさそうな態度の母親に、
「遠慮すんなよ。だって俺も今けっこー幸せ
だから。
アイツのおかげでさ」

…そこには心配そうに京汰のコトを待っている、つばきの姿が。

許す・許さない…じゃなく、お母さんの『幸せ』を願う京汰。
そして満面の笑顔で「今、幸せだから」と話す京汰。
ホントもう最高でした~ 今回は『家族愛』も感じれた☆
そして「アイツのおかげ」という、つばきへの愛も
つばきが居たから、京汰お母さんの前で笑えてる。
もちろん京汰も、つばきを幸せにしてあげてる。
お互いを想い合う気持ちの強さが日に日に伝わってくる。

「お互い幸せなら、今さら過去の傷を舐め合う必要ねーじゃん。
だから今日で最後にする。…な?母さん」

「え…今、私のこと…」
…そう。たしかに京汰は「お母さん」と呼んだ。
けれど照れる京汰。照れる京汰もカワイイよ。

「俺に負けねぇくらい幸せでいろよ」
「さよなら」
…2人は握手をして「別れのアイサツ」を交わした。
お母さんの目から、また涙が。けど、それは『嬉し涙』だった。
母と息子が心から分かり合えた瞬間だった。 ―つづく―



もう『感動の嵐』です!
今回ばかりはハンカチなしでは読めなかった。
マジで愛夢、涙出てた。とくにラスト京汰のセリフに。
京汰が「母さん」って読んだ時、マジ泣きしてた。

「もう2度と会わない」って言うのは、
永遠の別れじゃない…ですよね。
離れていても、京汰とお母さんは心で繋がっている。
遠くから、お互いの幸せを願ってる。
えへ。愛夢ちょっとクサイですか??
某青春ドラマみたいっすか??それでも嬉しいから。
66話は読んだ後の後味サイコー すごい幸せな気分♪

66話の扉絵も好きです!!
「大切なものは、ひとつだけ」
…京汰が花のツバキを抱きしめてる?イラストなんですが、
まるで、つばきを抱きしめてるみたい。
それはそれは、もう大切そうに…
口元が笑ってて、優しい目してるから。
それで「大切なもの」はズバリつばきで、
「一つだけ」は、つばきさえ居れば他は何も、いらない?
みたいな…そんなカンジでしょうか。てへ

ところで疑問なんですが、今回で両親編は終りなの?
これで家庭問題は解決!!ですよね??てか予告気になるっ。
「絆が深まった、つばきと京汰。この幸せな時間が、
いつまでも続けばいいのに―…」

…何それ?続かないみたいにも聞こえるじゃん!!
続くに決まってるじゃん!!てか愛夢気にし過ぎかな。

「今日、恋」自作小説 その2

2010/07/16 Fri [Edit]

調子にのって第2弾も作りました。
特にセリフを考えるのが難しいですが、
自作考えるの、とても楽しいです!!
クセになりそう、かも。

今回はタイトルもあります!!
第1弾より短いですが…と言うか、かなりショートですね。
これじゃあ小説と呼べない?(苦笑)
もう少し長編も作ってみたい、です。


【プレゼント】(第63話より)
「椿君、お誕生日おめでとう!!」
「つばき これ…」
「手袋なんて、まだ少し早いけど」
「…………」

無言な京汰に、つばきは不機嫌になって…
「何よ。どうせ笑うんでしょ?
今どき手編みなんて、さすが昭和女だなって」
「…マジで感動してるんだけど。伝わんねぇ?」

つばきの想像と正反対の反応で驚いていると、
京汰は手袋を自分の手にはめて…
「つばき…あったかい。サンキュ」
…京汰は、つばきに微笑んだ。
京汰の反応が嬉しくて、つばきも微笑み返した。 ―END―



この作品は本編(63話)とリンクしています。
セリフも、ほとんど同じ。
パズル以外のプレゼントで違うパターンを見たくて。
プレゼントを何にするかは迷いませんでした。
昭和女なら「手編み」と、すぐ浮びました(笑)

つばきは手先器用だから。髪型とかお菓子とか完璧だし。
手袋にしたのは、マフラーだと定番で、ありきたり。
セーターだと、やっぱり重い、から。

原作だと京汰は「さすが昭和女」と笑い飛ばしている。
けど愛夢のは違う。素直に喜ぶ京汰を描いている。
別に原作に対抗したワケではなく、素直にお礼する
京汰を見たかったので。「つばき…あったかい」も
結構お気に入りのセリフです。自分を褒めたい、です。
パズルもらって爆笑する京汰も好きですが…。
Top
あいらぶ少女コミックス+α
Next
Older Entries

ミニチュアダックス時計

ブログ検索

プロフィール

愛夢

Author:愛夢
生年月日/性別
妻夫木聡サンと同じ/♀
好きな作品&キャラ
「スキップ・ビート!」
…敦賀さん
「ヴァンパイア騎士」
…零、枢サマ
「金色のコルダ」
…加地君、月森君
「桜蘭高校ホスト部」
…環、鏡夜

初めてハマった少女漫画
「ふしぎ遊戯(朱雀編)」
…翼宿、柳宿
初めて観た映画
「花より男子」
…花沢類(藤木直人)

最近の記事

コメント大歓迎!!

カテゴリー

月別アーカイブ

トラックバックも歓迎♪

ブロとも申請フォーム

カウンター


(since 07/09/05)

現在の閲覧者数:

赤い糸

「赤い糸 DS」&
「赤い糸 destiny DS」発売中
コミック「赤い糸」7巻7/31発売!
映画「赤い糸」DVD 発売中
ドラマ「赤い糸」DVD 7/15発売!
「赤い糸」シリーズ
400万部突破!!

アンケート

「スキップ・ビート!」のアンケートです。好きなキャラを選んで投票して下さい。『その他』の方は、お手数ですが、誰かをコメントに記名して下さい。
あなたの一票を、お待ちしております。

QRコード

QRコード

RSSフィード

相互リンク 随時受付中!

片恋トライアングル①巻

天乃忍、初コミック 1月5日発売
「片恋トライアングル」①巻 2008年12月09日_P10106682008年12月09日_P1010669

リンク2

http://www.kisscomic.com/

http://www.chuchu.jp/

http://www.nakayosi-net.com/

http://www.betsucomi.shogakukan.co.jp/

Sho-Comi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。