あいらぶ少女コミックス+α

「今日、恋をはじめます」「ほしいのは あなただけ。」のネタバレ更新中

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CRASH! 21話

2008/12/27 Sat [Edit]

アイドルフェスに参加した「CRASH!」は、初めての大型ステージと
ライバルバトルを経験し、アイドルとして大きく成長しました(^^)v
知名度もぐ~んとアップ☆ 仕事も増えてきた♪ さて次なるステップは…

忙しくなる前に「うちあげ」で、少し息抜き。
5人は花に内緒でプレゼントを用意していた。
「花ちゃん…いつもありがとう!!」
巨大パフェに、怜くんのマジックで花束を花にプレゼント☆
花はそれを受け取れない、と言う。
「私…みんなに感謝される事なんて、してないもん。
私はただ…自分のやりたい事やってるだけで…っ」

遠慮する花がケナゲで…キュンとしました。花良い子だな~(^^)
怜くんに「…いいから受け取れ」と言われると、「みんな…ありがとう」
こんなの嬉しすぎるよ…
花は泣いてしまう。
花の方が元気づけられた。みんな良い子で仲良し(^^)v感動です!

そして…また一つ大きな仕事が入ってきました~\(^^)/
なんと5人全員でドラマ出演!!スゴイ☆
2人くらいかと思ってたけど、なんと全員だよ!(^^)v
しかも共演に、桃原まりかも選ばれた。まりかは主演☆です!
舞台は戦国時代。まりかが姫役で、「CRASH!」は侍役。
いきなり時代劇ですか~ 5人の侍楽しみ!特に衣装が(笑)

順平くんがまりかにラブです! まりかと共演でヤル気満々です(^^)
『順平くん、もしかして本気でまりかの事…?
できれば応援してあげたいけど…アイドル同士の恋愛…かぁ』

花が心配してました。確かにリスクとかあるよね。何も起こらなきゃいいけど。

けれど、まりかと順平くん…2人きりでいる所をカメラに撮られてしまう。
『熱愛発覚!』でスキャンダル!!…なんて事になっちゃうの!?
…予告が気になるっ 「CRASH!」まさかのスキャンダル??
スポンサーサイト

ayu紅白出場できない?

2008/12/27 Sat [Edit]

26日放送の「MステSP」にayuが出てこなかった。
何で?見過ごした?
でも全部見ていたから、そんなハズない。オカシイ。
そう思っていたら、ニュースとかで右手をケガしたと知って…

24日の日に貧血で倒れ、階段から落ちて右手を強打したらしい。
マイクを握れない状態なので、歌番組の出演は厳しい状況(汗)
全治2週間なので、紅白出場も危うい><
(まだ手術したばかり。「Mステ」は降板した)
久しぶりに紅白を見ようと思ってた矢先、ayuが出ないとなると残念。
楽しみが減ってしまった。

最近ayu関連のニュースでびっくりしたのは…
「ドラゴンボール」の主題歌に選ばれたこと!!
実写(映画)になったことも、ハリウッドなのも驚いたけど。
曲は「days」なのかな?? それとも新曲?
実写映画版「ドラゴンボール」がゲーム化されるのも注目ですね(^^)

一条×支葵「ロマンチックな冬の夜」

2008/12/26 Fri [Edit]

雪の結晶が降り注ぐロマンチックな冬の夜、
温かそうなコートに身を包んだ一条と支葵を目撃!
一条は結晶を手に取り嬉しそうに微笑んでいますが、
支葵は平然とした顔で相変わらずのマイペースっぷりを発揮しています。


2008年12月27日_P1010757
…一条先輩、無邪気な笑顔で可愛いですね(^^)v
でも、ちょっと幼すぎない?(笑) 支葵は目がデカイのが気になる。
今回の描き下ろし見て思ったのですが、アニメやゲームはイマイチかな。
やっぱり樋野先生の絵が一番! 原作の絵が良すぎると問題かも…(苦笑)

ヴァンパイア騎士DS ゲーム情報
ミニゲーム『持ち物検査』
学園に、秘密がばれそうなものを持って来ていないか零が検査!
主人公の所持品をチェックして、返却するものと没収するものに仕分けます。
カバンの中身をチェック!!
画像上から流れてくる所持品を正しくチョイスしましょう。

ミニゲーム『夜歩きさん発見!』
ナイト・クラスの授業や月の寮へ侵入を試みる、デイ・クラスの生徒を捕獲。
どんな事情があろうと夜歩きは禁止です。
制限時間60秒以内に、何人の生徒を確保できる?
茂みの中などに隠れている生徒を、タッチペンを使って捕獲します。
捕まえられた生徒たちの反応は……?

※上の描き下ろしは「B’s LOG」2月号に掲載されたものです。
12月号から4号連続で描き下ろしが掲載されます。今号は第3弾。
3月号も購入予定なので、また更新しますね(^^)
ミニゲームも「B’s LOG」2月号にて紹介されています。

啓太×七条さん

2008/12/26 Fri [Edit]

2008年12月27日_P1010758
(※上のイラストは「B’s LOG」2月号に掲載されたものです)

お題「クリスマス」…啓太がサンタで七条さんがトナカイ☆
七条さんのトナカイ似合う(^^)v 可愛い~♪♪
七条さんは『冬』のイメージだし。冬のイラストが多い気がします!
啓太×七条さんのカップリングが大好きデス!!
七条さんVS中嶋さんも面白くて好きだけど…(笑)

前も言いましたが、学園へヴンの続編プレイしたい~
「おかわりっ!」だけじゃ物足りない。
密かにシリーズ第3弾の発売を待っています!(^^)

赤い糸 destiny DS

2008/12/26 Fri [Edit]

『赤い糸 DS』発売されました~(^^)
皆さんは、もうプレイされましたでしょうか?
愛夢は発売日にゲットしました! まだプレイしてませんが。。。
やり始めたら、プレイ日記とか書きたいです。(年内は無理だけど)

嬉しい最新情報があります!
『赤い糸 destiny DS』発売決定!!(「アルケミスト」HPより)
「destiny」は続編ですよね?
面白かったら、「destiny」もプレイしたいです!
『赤い糸 precious』もゲーム化されるのかな?

発売日はまだ発表されていませんでした。
「Amazon」には2009年3月26日発売予定と表記されています。
これで合ってるのかな? 
できればHPに発売日も書いておいて欲しかったです。
まだ先だから仕方ないかな。とりあえず第1弾をプレイしますね。

たかチャンから攻略しようかな…たかチャン気になります。
でも悠哉とコータも捨てがたい。王道としてはアッくんだよね。
う~ん。誰から攻略するか迷う>< …最初の直感でたかチャンにします!

250000hit&5000拍手

2008/12/25 Thu [Edit]

25万アクセス突破しました~\(^^)/
そして…5000拍手突破しました!!(^^)v


皆様いつもありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいデス。
2009年も愛夢と「あいらぶ少女コミックス+α」を宜しくお願いします。
少し早いけど、みなさん良いお年を!!
年内最後の更新かもしれないので、今挨拶させていただきました。
(※NANAの最新ネタバレは年内に更新する予定です)

ocharuサン、mairサン、ぴ・∀・*●サン、
よしちゃんサン、ゆずサン…拍手&コメントありがとうございます!

返事ができなくてすいません>< もちろん全部読んでいます。
遅れますが必ず返事させていただきます。シークレットの方は
あまり内容がわからないように、返事させていただきますね。
今返事はできませんが、とりあえずお礼まで…ありがとうございます!

>ぴ・∀・*●サンへ
沢山の拍手とコメントをありがとうございます!
全部コメント読みました。こんなに共感してもらえて光栄☆です(^^)
返事まとめて書きますのでヨロシクお願いします。今回はお礼まで。
お礼だけで申し訳ないですが… 
また色々語りましょう! カキコミお待ちしております。

ゆいサン、フェナさん…コメントありがとうございます!
その他コメントくれた方、拍手してくれた方…ありがとうございました(^^)
…そして、いつも訪問してくださる皆様、いつもありがとうございます!!

ヴァンパイア騎士 46話

2008/12/23 Tue [Edit]

第四十六夜 「敵」

「玖蘭…次はアンタを(倒す)」
「邪魔な鎖(李土)を断ち切ってくれた事に感謝しよう。
けれど、これ以上…”君”という存在を許してはおけない…
君は彼女(優姫)に、その銃口を向けたのだから…!」

…李土を倒したら零はもう用なし>< 本当に『駒』なんですね。
枢様は零を利用したのですね。

「ブラッディローズ…ここまで覚醒しているなら、僕の声がわかるだろう?
僕の血の味も…この荊(いばら)の拘束を解いてくれないかな…
守りたい存在があるんだ。…ありがとうブラッディローズ」

…枢様すごい!ブラッディローズを操れるの?
けれど「…ブラッディローズ、お前の敵を忘れるな」
再び零の声にブラッディローズが反応する。

「やめなさい二人とも!!」
「優姫どくんだ。君を滅ぼすこともできる武器を、一瞬でも君に向けたその男を
僕は許せない。許さない…たとえ五百年、一千年君に恨まれても…」

優姫に銃を向けたことに対して、こんなに怒るなんて、
ちょっとビックリしました(驚) 枢様の怒りが半端ないです!
…優姫は『大切な子』だからね。
「そんな悲しい台詞…あなたに言わせたくない…」←優姫は枢様の手を舐める。

「…いいよ。ゆっくり二人でお別れしておいで…優姫はもう充分
思い知っただろうから…自分がいるべき場所が、ただ一つどこか…」

枢様は2人を残し、先に行く。2人が話す時間を与えた。
「零、大丈夫?」←優姫は零へ駆け寄る。
「なんでブラッディローズが血を吸い上げているの?まるで吸血鬼みたいに…
ね…ダメ…零、銃をはなして」
←優姫自ら力ずくで銃をはなさせた。
優姫も痛そうだったけど、零も苦しそうでした><

「ご、ごめん零。大丈夫?」
心配する優姫を零が睨んだ>< 優姫は慌てて零の手をはなす。
睨んだけど、そのあと優姫を抱きしめる零。
「お前の中に、俺の知ってる優姫はいるのか?」
「いるよ。でも溶けて無くなっちゃうかもしれない…どんどん境界が溶けていって
気付いたら、お兄様の血だけが欲しくて、その事で頭がいっぱいになって…」


「俺は、お前の血だけが欲しかったよ…
欲しくてたまらない…相手の命の源を貪るまで絶対に満たされない…
おぞましいほどの卑しい貪欲さ…そういう生き物だろう…?」

零は優姫の血を少しだけ飲んで…そのあとキスをする。
これが最後の…『別れのキス』なのだろうか?><

零は最後に優姫の気持ちを確認する。
「記憶を取り戻してお前は、もう不安な気持ちになる事はないか?」
優姫が頷くと、「…俺ももうお前がいなくても大丈夫だから…
気がかりは、もう無い。安心して俺は俺の目的を果たせる。
行け…同じ時間を歩くヤツの所へ…次に会った時は…お前も殺す」

「じゃあ…私は零から逃げ続ける。敵が存在することが生きる理由になるなら…」
そう言って優姫は零の前から消えた。枢様の元へ。2人は袂を分かつ。
別々の道を進む2人。本当にこのまま決別して終わりなの?><

タイトルどおり零と優姫は『敵』同士に…(涙)
けれどラストの優姫のセリフとか、2人は切っても切り離せないカンジ?
以前はパートナーで今は敵。関係が変わっても完全には離れられない。
優姫が逃げまくって零を生かす…やっぱり優姫は零を見捨てられない?
なんかロミオとジュリエットとか思い出すヨ(笑)悲恋って切ない~(泣)
間違った選択かもしれなくても、零には生きていて欲しい。
優姫は敵同士になっても零を守ろうとしている。

ますます2人を応援したくなった。どんなに残酷なラストでも見届けます! 
それと前回(45話)はすいませんでした。皆様に誤解を与えるネタバレを
書いてしまいました。改めてお詫びいたします。

龍の花わずらい 33話

2008/12/23 Tue [Edit]

ルシンの策でシャクヤは龍の力を取り戻し、西方領主の元から脱出。
ルシンのキスの真意を知ったシャクヤは…!?


私に力を取り戻させようとして、ルシンはわざと憎まれ役になってくれたんだ。
どんな気持ちで意地悪を?
私を傷つける言葉を的確に選んで…あんなに優しい人が。
私はクワンが好き。傷つけられても花(竜胆)は枯れなかった。でも…

…けれど、薔薇の花が増えたのです!
愛夢はルシン派なので、この状況が嬉しい(^^)v

シャクヤは薔薇が増えて戸惑う。ルシンを意識するようになる。
ルシンと2人きりだと緊張する。声が震えてしまう。
ルシンに触れられると、体が強ばってしまう。明らかに今までと違います。
ルシンを男として意識するようになった(^^)

キコク:「領主は龍の姫を狙ってくるだろう。また姫のために体を張る?」
クワン:「………」
キコク:「張るのか…」
クワン:「何も言ってませんよ」
キコク:「アマランスのためには?」
クワン:「それは言うまでもない。…ただ龍のオアシスでの暮らしは
     私には少し快適すぎたんでしょう」
恋愛も親愛も知らなかった訳ではないのに、どうして飢える。
裏切っても、なお枯れない花に感じていたのは優越と安堵だと。
薔薇の一輪に教えられる―…


…つまりルシンに嫉妬した? 薔薇が増えて、クワンも気になっている?
アマランスという『恋人?』がいるけど、シャクヤもほっとけない。
「シャクヤ様はルシンではなく、私の事を好き」…という優越感があった。
シャクヤを裏切って傷つけたのに、竜胆が枯れなくて安心した。
クワンの裏切りが発覚した時に、もう3角関係は終わり?
そう思いましたが、そうでもない?? …クワンもシャクヤを??
クワンがシャクヤに『本気』にならないと面白くないよね(^^)
3人が再び3角関係になるのを希望します!
3角関係が楽しくて面白い…それがこの作品の魅力だと思うの。


砂嵐襲う龍の宮…龍のオアシスの一大事だ!!(><)
セイ家・ラッカ家とは連携をとっているけど、ジョウハとクダの長はつかまらない。
ジョウハの長は西方領主に、このオアシスを売った。(←クダ家も売ったかも)
シャクヤは砂嵐に突入することに! シャクヤが帰ってきたのは予定外だろうから
突入されるとは思っていないだろう。これは一息に叩くチャンスなのだ☆

クワンたちの処分は、宮奪還まで保留。檻の中へ入れられるクワン。
アマランスはまだ昏睡状態で、ひとまず病院に収容する。
キリ家の長:「クワン、お前には失望した。言葉もない程だ」
クワン:「反逆の意志は、もはやありません。仲間がこちらにいる限り
     行動は慎みます。出してください。警察の誰が私以上に戦えるのです?」
キリ家の長:「前代未聞の非常時だ。その腕は惜しいさ。だがもう信用がならん」
クワン:「そう仰るのが龍の次期長なら、あきらめましょう」
キリ家の長:「(ため息混じりに)…お前は姫を裏切ったんだろう?」

本当に力が戻って良かった。ルシンのおかげで母や皆を助けに行ける。
なのに、ルシンが遠い。このままじゃダメ。緊張するけど花が咲いたって
説明しよう。そうすれば感謝をわかってもらえる。勇気を出すのよシャクヤ!!

…シャクヤはルシンに、薔薇が増えた手を見せる。
「絵の具で描くのは、前に俺が使った手じゃん。ぬか喜びなんかしてたまるか」
アハハ(笑) ルシン信じない。素直じゃないね(^^)
「気遣いは嬉しいけど、俺が欲しいのは…」

「じゃあ触って。確かめてルシン…絵の具かどうか」
シャクヤの手に触れる。それが絵の具ではなく、『本物』だとわかった。
「シャクヤ…ずっと、こうしたかった」←シャクヤを抱きしめるルシン♪
ああ、心が通うって、こういう事なのね。
…このシーン、めちゃ嬉しかった♪ ルシン本当に良かったネ(^^)v

「シャクヤ様、クワン様を戦力に加えますか?本人が希望してるんですが」
クワンが檻から出てくる。
「…なぜ?罪ほろぼしのつもり?」
シャクヤの質問に「いいえ。罪は罪で結構」
キリ家の長やハクライは、シャクヤの気持ちに任せるそうです。
シャクヤはルシンを見る。「任せるよ」と言われる。

「…理由を言って。正直に」
「領主が気に入らないからです。正直に、と言われたら、それ以外は
あなたと2人きりで、いまわの際でもなければ口にしません」

「手を出して」←シャクヤはクワンの手錠を外してあげた。
「ありがとうございます。シャクヤ様」
●「いまわの際」とは?
「今際の際」とは、死にぎわ・臨終・最期のとき。
気になったので調べました~

意味を調べたら、クワンのセリフが理解できました(^^)

ルシンと心が通って、わかった事がある。同じ感覚だった。
一人で舞い上がってた訳じゃなかった。クワンとも確かに心が通っていたんだ。
めったに扉は開かれないけれど、想いは許されている。

…ルシンを以前より意識するようになっても、クワンとの絆も消えない。
クワンと積み重ねた日々もシャクヤには大切で…やはり3角関係?(笑)
2人の間で揺れるシャクヤから目が離せない!!(^^)v

「突入!シャクヤ様に続け!」
…ついに全面対決へ!!西方領主とのバトルの行方は!?
恋愛面だけじゃなく、当然こちらも気になります!

ハニーハント 22話

2008/12/23 Tue [Edit]

『大女優・白木紫が秘めている、
娘・ゆらへの思いとは、いったい…!?』

…はい。今回はゆらの母親・白木紫がメインです。
久しぶりにハルカも登場♪しました~(^^)
それでは下記から詳しいネタバレどうぞ!


ゆらのドラマが白木紫より視聴率が高かったそうです!(^^)v
と言っても2回だけで、ゆらが出ているシーンだけですが。
つまり瞬間視聴率で白木紫を抜いた…というワケですね。
でもそれはスゴイ事ですヨ☆ゆらが注目されている、という事ですから!
現実の世界で言うと、木村拓哉さんが出てくると視聴率が上がる…
みたいな感じでしょうか(^^)その人が出てる時だけ視聴率が跳ね上がる☆

視聴率の事を聞いた紫は「そんなこと絶対に有り得ない」と、ゆらを認めない。
自分の娘を卑下したり、認めないのには理由があったのです。
ここから紫の過去話が始まります。理由が明らかになります!


受賞インタビューで「この喜びを誰に伝えたいですか?」と聞かれ、
「実家の両親に」と答える紫。けれどそれは大嘘><
この頃から嘘つきのようだ。独身の頃は「両親」と言い、今は「娘」と言う。
若い頃は良い子供を演じ、今は大女優なのに良い母親だと見せかけている。
それは紫の両親に問題があると言えるだろう。

紫の母親は何番目かの父親と、店のことしか見てなかった。
紫が芸能界にスカウトされたことも知らない。母親から愛情を感じられない。
そして紫は美しい外見を武器にした。元々綺麗な紫は、このまま
美しさを保っていれば、人が自分を見てくれる。親なんていらない。
綺麗でいれば他人があたしを見てくれる。
…そう思うようになる。

紫はやがて小野塚孝行(ゆらの父親)と出会う。
『別に惹かれた訳じゃない。光の中にいる人だったら、側にいれば
あたしがもっと輝いていられる、と思っただけ』

紫ヒドイですね(汗)いや素直じゃないだけ?小野塚に惹かれたのは確かなのに。
それでも純愛にはほど遠いような出会いだった。近づいた理由が、
自分が綺麗でいるため…という不純な理由ですよね><

小野塚に「紫は綺麗だね」と言われるが、その続きがあった。
「でも僕の周りには他にも沢山綺麗な女の人でいっぱいだから…」
この小野塚の言葉が紫を狂わせた、と言ってもいいでしょう。
紫は小野塚を独占しようと、小野塚に抱かれる。←子供を作るため(汗)
そして子供を授かった紫は、小野塚と結婚。
『これで、もうこの人も私だけを見てくれる』

小野塚を自分のモノにできた…そう思う紫だけど、
「なんて綺麗な子なんだろう。この世界で一番美しいのはこの子だね。
この子を僕に授けてくれて、ありがとうね紫」

小野塚の言葉を聞いて、ゆらに嫉妬する><
なんて母親なの?信じられない。子供にまで嫉妬するか、普通。
夫を結婚後も愛していて、嫉妬するならまだ可愛いな~と思える。
けれど明らかに紫の愛は異常ですよね?小野塚を愛してるわけでもない。
これが愛だとしたら、怖いです(汗)ただ自分より綺麗なゆらに嫉妬しただけ。

「天性の人を惹きつける魅力があるわ。将来が楽しみね。
きっとお母さんより、もっと綺麗になってスゴイ女優になるわ」

ゆらは子供の頃から魅力があったのです!驚くべく真実!!
ドラマの大プロデューサーに将来を期待される程の!!
けれど「この子は女優にはしません」紫がゆらの将来を狭めた。
ゆらにはスターになる才能が無限に広がっているのに、自分より綺麗になる
そう言われただけで妬んで娘の将来をダメにする。

ゆらが人見知りとか、おとなしい性格なのは紫のせいかも。
「ゆらは可愛くない、勉強もできない、ドンくさい」
…など言葉の暴力がゆらを引っ込み思案にしたのかも。
それにしても酷い言葉の数々ですね>< 自分の子供に…
こんな事言われたら、「自分はダメな子なんだ」と思っちゃうよね。
ゆらがグレないのがスゴイ!と思うほど。

小野塚がニューヨークへ行くことに。ゆらを連れて行く、と紫に話す。
紫は「行かせない」と言い、ゆらは紫と日本に残ることに…
小野塚がゆらを連れて行く、と言ったのに腹を立てたようだ><
自分ではなく、ゆらだけを連れて行く…と言われたから。
ここまでくると呆れましたね。ゆらを連れて行くのは父親として当然。
ゆらが成人するまで親の義務があるから。紫について来い、と言わないのは
紫の仕事を気遣っての事なのに。ゆらの父親がカワイソウ。

けっきょく小野塚一人でニューヨークへ飛び立った。
小野塚はニューヨークで浮気した。それに紫は気付いたけど
同じように紫も浮気した。小野塚が反省して帰ってくるのを待つ。
『仕方なく許してやって、恩を売ってやるの』
…紫最低だと思いました。夫婦愛なんて、これっぽっちもない。

けれど小野塚と一緒に暮らしてる女の人に子供が…
帰りを待っていた紫だったが離婚話を持ちかけられる。
「慰謝料は紫の望むままに…でもゆらの親権は僕が欲しい」
それを聞いた紫の心情が悲惨でした><
『渡すものか。ゆらなんかに小野塚を』
…さすがにこの気持ちは母親じゃないでしょう。てか怖い(汗)

以上が白木紫の過去から今現在です。紫の事がわかって嫌な気分です><
ゆらを女優として認めない理由が、とても理解なんてできない。
共感どころか紫に同情もできない。「そんな理由かよ!」とツッコミました。
紫の親にも問題があるかもだけど、自分まで親と同じ事してるし。
自分だって小野塚の事と、美についてしか考えてないじゃん。
ゆらの事、見てないじゃん。
過去を知ったら、少しは理解できるかも?と思ったけど無理でした。
前から白木紫苦手でしたけど、更にキライになりました(苦笑)


久しぶりにナイツ4人が揃いました~(^^)v
4人で写真撮影♪やっぱ4人だとカッコ良さが増すね~☆
ハルカに会えて嬉しい♪♪前回溝呂木さんがいい!とか書いたけど
ハルカも捨てがたい(笑)元々ハルカが好きだし。浮気性ですいません。
「一体誰が好きなの?」とかツッコミ入れないで下さいネ。

ハルカは時差ボケで眠そうでした。可愛い~♪
ゆらと一緒の仕事が入っていて、すごく嬉しそうでした(^^)
ゆらの名前が出ただけでドキっとするハルカも可愛いな~
話題がゆらのドラマになって、ゆらの活躍に喜ぶハルカ。
「何その嬉しそうな顔。さすが俺の惚れた女!とか思ってんの?」
…アハハ(爆笑) 喜多川さんのツッコミ面白い☆

「そんな悠長なこと言ってると出遅れるよ
手遅れになる前に、さっさと告白すれば?」

…ああ、このツッコミはハルカにはキツイかも。喜多川さん容赦ないね。
ハルカが出ない間、Q太とゆらが接近して、そこに溝呂木さんも参戦して…
喜多川さん、何気に読者目線?(笑)ハルカ本当に出遅れてるよね。
喜多川さんのツッコミは、ハルカ派の読者には嬉しいよね。
ハルカの告白って、まだですよね?以前それらしき物はあったような…
でもハッキリとは言ってないから。ハルカの告白待ってます!(^^)

ナイツの恋愛トークが面白かったです!
でもアイドルなのにキープが常時4人いるとか、人妻とかバツイチとか…
スキャンダルご法度!!なのに~(笑)案外複雑な恋愛してるのね。


えええ~~っっ!!喜多川さんの相手って白木紫なの?!
ラスト衝撃的でした!もうホントびっくり!
「人妻じゃなくてバツイチだよ。ちょっと前に離婚したんだ」
…って喜多川さんが言ってたけど、それがまさか白木紫だなんて><

「アナタが一番綺麗だ。俺なら1万回だって言ってあげられるのに」
…しかも『本気』だし。『遊び』じゃないんだ。
確か白木紫って、ゆらの幼なじみ?とも付き合ってたよね。(1巻)
喜多川さんが本命なら、ゆらカワイソウじゃん。
あのシーンが今さら蘇ってきた。あれも衝撃的だったな~
あれ以来出てこないから、名前忘れちゃいそうだよ。
「シンちゃん」でしたっけ?…1巻確認してみます!彼は元気かな?

桜蘭高校ホスト部 67話

2008/12/23 Tue [Edit]

『桜蘭ホスト部杯 校内”カレー作り”オリエンテーリング大会』開始!
◆ルール◆
参加者はペアを組んで、既にホスト部員達が待機している
校内6ヶ所のポイントをいかに早く回れるか競う。
回る順序は自由だが、各ポイントで出される「お題」をクリアし、
「カレーの材料」を集めないと先には進めない。
参加者はゴールまでに集めた食材でカレーを作る。
ゴールまでのタイムと、カレーの美味しさの合計点で優勝ペアが決まる。
ちなみに環のペアの相手は鹿谷さん。
優勝賞品は「ホスト部員に一日願いを聞いてもらえる権」


ホスト部員で唯一環だけ知らない企画なので、環は戸惑う。
参加するのに、気が進まないようです。
けれど環とは正反対に周りは盛り上がる。れんげちゃん、久瀬先輩、
ボサノバ君、運動部の先輩方…みんなヤル気満々です!(^^)

れんげちゃんは「目指せ”実写版うきメモ2”オール南国ロケ!!」
久瀬先輩は「優勝して鳳鏡夜を一日召使いにする」
ボサノバ君は「藤岡発案の企画なら俺も…!!(藤岡とデート!!)」
…はい。そうです。みんな『賞品』目当てです(笑)盛り上がるハズですね。

環が参加を渋っていると、突然ハルヒが『棒読み』で語りだす。
「わあ、どうしよう困ったなあ、困ったなあ。思いつきで”ホスト部員が
願い事を聞く”なんて決めちゃいましたけど、映画撮影で無人島なんて
行ったら光と馨なんか、はしゃぎすぎて本当に遭難しそうだし、
久瀬先輩が優勝したら鏡夜先輩が般若と化すし、運動部の皆さんが
勝ったらモリ先輩とハニー先輩が大変だし、お客様と休日に出かけたら
スーパーの日曜市に行けなくて、うちが破産しますねぇ…ああ、困ったなあ」


「なっ!?じゃあ何でこんな企画…て言うか何その棒読み…(汗)」
「と言う訳で、こうなったら環先輩が優勝して、部の皆を救って下さい」
環に地図を渡す。ハルヒの『棒読み』が面白かったデス(^^)v
ハルヒの白々しい演技に、環も仕方ないな~と、参加することに♪
「…何だか、よくわからないけど、わかった。頑張ってみる」

◆第1ポイント 光&馨◆
「「ハーイ☆久々のどっちが光くんでしょうかゲーム!!」」
今日のために髪の色そろえましたー♪

…おお!久しぶりですね~やっぱ双子は髪の色同じな方が、しっくりする。
だいぶ慣れたつもりだけど、こっちの方が双子!ってカンジ。
正直光に髪の色、戻して欲しい。でも光の成長のためだから我慢するヨ。

「「ハズレでーす。最後尾に並び直して当たるまで挑戦して下サーイ☆」」
みんながハズす中、れんげちゃんが自信満々に当てにいく。
「萌えオーラ診断的に馨くんの方が大人っぽい、ようでありながら
芯が強いのが光くん!!ズバリ!!左が光くんで…」

「「ハズレでーす!!オタクのアンテナ壊れてマース☆」」
アハハ(爆笑)双子面白すぎっ れんげちゃん残念でした(^^)

「…右が光で左が馨…だろ?」
「「殿!!大正解~!!よくわかったねー☆」」
「そりゃずいぶん前から、ほぼ見分けられてたし…
て言うかこんな簡単なお題でいいのか?」

さすが環(^^)v …簡単なのは、環を優勝させたいから?だよね。

「「この中から食材を2つ選べまーす☆」」
「鹿谷さん、どれがいい?」
「環さんの好きなもので…よほどのものを入れない限り
カレーは大抵おいしく作れますし…」
←いや、そうとは限らないよね?
「じゃあ思いきって個性的に…桃と梅干かな」
「「ナイスチョイス殿!!いやー信じてたよ。さすが殿!!
シリアスモードでも、にじみでますなぁ」」

「鹿谷さん?これでよかった?」
「ええ、もちろん…(汗)」←環に呆れる鹿谷さん(笑)
…今回のホスト部楽しいですね♪読みながら笑いっぱなしでした(^^)v

◆第2ポイント 黒魔術部◆
「す~~お~~う~~く~~~ん」
「ギャー!!猫澤せんぱ…なんで天井から」
「ウフフフフ~ホスト部の皆様に助っ人を頼まれ参上しまし…
キャーイヤヤヤヤたすけてー」
←猫澤先輩のヅラがとれました(笑)
「ウフフフ失敗失敗~須王くんと遊べるのも、もう最後かと思い、
はりきりすぎてしまいました。なので本日は…黒魔術部総力を上げて
出題させて頂きます~~」
←猫澤先輩も面白いよね(^^)

黒魔術部のお題は、呪いグッズ使用法あてゲーム!(笑)
「”呪い人形”黒魔術部産!!
裏に呪いたい人間の名前を刻みます…!!」
←2巻参照
「大正解~!!よく頑張りました~
正解した環はスパイス3種を選びますが…
「う~ん…じゃあ…コリアンダーと、しょうがと…わさび」
…た、環?それワザとなの?明らかにチョイスおかしいよ(><)
「”わさび”をやめようかな」←これ聞いて鹿谷さんが「ほっ」としてました。
そうだよね。わさびはヤバイでしょう…

◆第5ポイント 鏡夜◆
鏡夜のお題は「超難解クロスワード」。
「きょーちゃんのお題って極悪だよねぇ。しかも自分は楽ちんですなぁ」
…あはは(笑)ハニー先輩の言う通り!(^^)
「ずいぶん苦戦しているようです。アハハ愉快、愉快」
…鏡夜、ブラックだ(苦笑)とても鏡夜らしいけどね。

◆第3ポイント ハニー◆
「飛び出すうさちゃん叩きゲーム!!”モグラ叩き”っていう庶民のゲームが
あってねぇ~それを、うさちゃんにしたら可愛いと思ったんだ~

『うさちゃん』が叩かれて、「カワイソウだよう~」と泣き出すハニー先輩(笑)
「…タマちゃんも、うさちゃん叩く…?」
「…すみませんハニー先輩。優勝がかかって、いますので叩きます!!」
「タマちゃんの鬼ー!!…タマちゃんなんか、もうキライだもん」
容赦なく叩く環と、拗ねるハニー先輩でした(^^)
材料は納豆とサンマを選びました(汗) これ確実にワザとですね。
この企画の意味を、環わかったみたいだし…

◆環、ついに自覚する◆
「鹿谷さん…俺は今ね、ある女の子の事で気づいてしまった感情に
戸惑っているんだよ。その子と君が似てるって言う人もいたけど
俺は全然そうは思わなかった。君とあの子は、まるで違う」

「…好きなんですか?その女の子の事…」
「うん。たぶん、ずっと前からね」
…キタ~\(^0^)/ ハルヒと環、両思い?両思いだよね?
超うれしいデス♪♪ このシーン読んで、舞い上がりました~(^^)v

◆ハルヒ、環のために走る◆
環先輩が何に悩んでいるのか、最近様子が変な理由も自分には
わからないままだ。だけど…いつだって誰かのために一生懸命だった
環先輩が、何かに迷って今は動けない、と言うのなら
代わりに自分が走るしかない。環先輩のために今自分にできる事は、
これしかないんだ―。
 …一生懸命なハルヒに感動☆

◆気になったこと◆
ホスト部もうすぐ最終回なの? 3年生の卒業が近い?
猫澤先輩の「須王くんと遊べるのも、もう最後かと思い」とか、
ハニー先輩の「僕も崇も3月までだからさぁ」とか気になったので。
あんま深い意味はないかもだけど、やたら卒業を思わせるセリフだったので。

シリアスな展開だと余計なこと考えちゃう。悲しくなる。なんか不安だから。
…少し気になっただけで、まだ最終回じゃないですよ、たぶん。
まだまだ読みたい!…終わっちゃイヤだ。
それとモリ先輩が出番ナシでカワイソウでした(><)
誰もこなくて、ずっと一人で待ってる(悲) 次回は沢山出るよね?

月森蓮、人生10年苦悩の冬の物語(金色のコルダ・特別編)

2008/12/23 Tue [Edit]

「聴いていて面白くないんだよ。お前の演奏は
お前にとってヴァイオリンは何なんだ?月森」

…月森蓮、小学4年生。早乙女先生のレッスンを受けていた頃の話。
いきなり厳しい発言から物語が始まりました><
でも早乙女先生は優秀な指導者なんだろうな~的確なアドバイスだと思う。

この特別編はタイトルどおり、月森くんの苦悩の日々が描かれている。
改めて『サラブレッド』も大変なんだと感じた。
「親が有名人だといいよな。特だよな」
「両親は関係ないっ!!」
…親が有名人というだけで妬まれる。両親と比べられる。
月森くんの悲痛な叫びが痛々しい>< 
どんな思いで親は無関係と言ったのだろう。私は恵まれて育っていないので
完全には理解してあげられない。けれど辛そうなのは分る。

「自分の実力が足りないことを、僕のせいにするな」
…このセリフは高校生になった今でも同じだな~と思う。
月森くんが悪いわけじゃないのに、嫉妬などによる言葉の暴力で傷つけられ、
つい冷たい・キツイ一言を返してしまう月森くん。
そして、それは敵を作りやすい>< 本当に孤高のヴァイオリニストなんだね。
天才は孤独というのは当たってるかも。月森くんの場合、さらに上をめざすから、
ますます孤独になっていく様な…どこまでも高みを求めて…

でも香穂子と出会って月森くんに『変化』が現れる。
「孤高のヴァイオリニスト」が天使と出会い、大切な何かを発見する…
という感じでしょうか?(^^) 香穂子は月森くんにとって『天使』みたいな
存在なのだと思うのですが…私のイメージ変かな?香穂子は自然と
月森くんが抱えてる傷とかを軽くしてあげてると思うの。

「ただ上手くなりたいだけ…」という月森くんに、「それだけじゃないかも」と
思わせたのは香穂子で、月森くんが成長するキッカケになった(^^)v
「孤高」もいいけど、何かプラスアルファを見つけてほしい。
もっと色んな月森くんを見たい! 色々体験して表現力を高めて、
どんな曲でも魅了してしまう演奏者になれたら素敵だね☆

「お前が…いなければ、お前が弾かなければ…」
…月森くんの手をつぶそうとする。このシーンドキドキしました><
助けたのが王崎先輩で(^^)v 先輩が助けてくれて良かった~(涙)
月森くん、手が震えてた。手をつぶされることが怖いのではなく、
何か大切なものを失くすような気がして怖かった。
この時に気付いたんですね(^^) 香穂子がいなくても大丈夫だった。
月森くん自身で気付けたけど、香穂子との出会いでさらに成長する…
というお話でした。そう私は解釈しましたが、みなさんはどうでしょうか?

ラスト留学のパンフレット(?)を手にしてましたね。
いよいよ香穂子に伝えるのかな。決心した顔に見えました。

ウブかわ~初めての彼~ 18話

2008/12/22 Mon [Edit]

宇理、ついに龍くんと初エッチ?

「長い夜だった…このまま永遠に朝なんてこない、かと思う程にな…」
宇理とエッチできなかった龍くんは、ぐったり疲れています><
「虎、お前宇理の正体に気付いてたか?
あのウブでピュア100%で出来ている、真っ白なウリ坊の正体
それは…妖精さんだ!!
妖精さんは童貞にしか見えない、と言う伝説はガセだった…」

龍くんの発言に、虎くんは唖然とする。龍くんを変な目で見てました。
虎くんに引かれる龍くん(笑)それにしても『妖精』だって!(爆笑)

「俺はハダカの妖精さんを、ただ抱きしめるだけ!という
ゴーモンに一晩中耐えたんだ!あのオッサン、どうやってあんなピュアに
育てたんだ!真っ白すぎて手が出せねぇ!ちくしょーっ」

「龍!お前は勇者だ!泣いていいぞ!」←虎くんに励まされる(^^)
「違う!俺は翼の折れたエンジェルだ!!」←もはや意味不明(爆笑)

「でもさ、どのくらい宇理が大事か、スゲーわかったから、いいや。
今はマジで一生宇理だけ…そういう気持ちだよ」

「…ああ。その気持ちスゴイわかるよ」
エッチはできなかったけど、宇理を本当に好きなんだな~と分った(^^)
虎くんも遼を見て「気持ちわかるよ」と笑顔で答えた♪
龍くんと宇理を奪い合う時もあったけど、今は4人が幸せで良かった♪
香鈴ちゃんも和馬と付き合うことになったし(^^)v

女子3人の恋バナも面白かった~(^^)v
宇理:「抱き合いながら眠ったの。とっても幸せだったよ」
遼:「そんなおとぎ話が聞きたいんじゃない!
ハダカになって眠るまでの間が知りたいの!」

香鈴:「いや遼!すぐにそこに行くのは俗物的だと思うの!
まずは早いと思っていたのに、ホテルへ行く気になった感情の流れから!」

本当に何もなかった。「痛くて無理だった」と宇理が白状すると…
香鈴:「未遂の上にハダカのままですか…!」
遼:「龍、すっごい頑張って耐えたんだね!」
2人とも「泣ける~うわぁぁ」と、龍くんに同情して泣いてました(笑)

2人が龍くんに思わず同情しちゃう程、宇理はピュアすぎる。
でもそのあと、ほのぼのとした和みムードに♪
龍くんが朝起きた時に、「俺と抱き合ってくれて、ありがと…超幸せだよ」
そう言ってくれたのが嬉しかったと話すと、宇理の気持ちが2人にも伝わる。
遼:「大事にしてくれたんだね、龍」
香鈴:「なんかいいなステキ。あたしも和馬に大事にされたい」

その後も宇理と龍くんはエッチなしのピュアな付き合い。
けれど龍くんの『ゴーモン』が続いた(苦笑)
毎日「一緒に眠りたいの」と、宇理に誘われる。
宇理の言う「寝たい」は本当に一緒に眠るだけ。当然エッチはナシ(笑)
我慢する龍くんだけど、さすがに毎日続き、ついに一週間?が経った。
「これ以上一緒に寝たら、マジで宇理を汚す…」←さすがに限界><

『ああ、やっぱり無理だ…』←龍くんは抱きしめて宇理にキスする。
「待って! 龍くんイヤだっ…」
「ダメだ宇理!!欲しい…っ」
「何してるんだ!!」
…宇理のお父さんが登場! このあと、どーなる??
次回「ウブかわ」最終回です!! お父さんにこんなトコ見られちゃって、
2人は幸せになれるの?それとも一波乱があるの?><

「ヴァンパイア騎士DS」最新情報

2008/12/22 Mon [Edit]

ミニゲームについて語ります!

ミニゲームその1「きせかえファッションチェック」
零たちに色々な服を着せることができます。
素敵なコーディネートができると褒めてもらえる
けれど怒られちゃうパターンもあるので注意して下さい!
例えば、零に夜間部の制服を着せると…
「おい……ふざけてるだろ?俺で遊ぶんじゃない」

こんなセリフで怒られちゃうそうです><
まぁこれは零だけの特殊なパターンでしょうけど(笑)
でも、わざと機嫌が悪くなるコーディネートをして、怒られちゃうのも聞きたい!
ヴァンパイアのキャラなら、甘いセリフだけじゃなく何でも聞きたいから。
枢様なら、センス悪い服でも「君が選んでくれて嬉しいよ」とか
言ってくれそう(?) うふふ、色々妄想が膨らみます♪(^^)

ミニゲームその2「相性占い」
気になる彼との今日一日の運勢は!?

ミニゲームその3「パーティへおいで」
気になる彼のお気に入りのドレスって…!?
好みのドレスでドキドキさせちゃえ!!
「零こんばんわ!このドレス、どう?」
「悪い、思わず見てしまった…」

ミニゲームその4「気になる様子」
見張り台に、なぜか双眼鏡が!! つ、月の寮に異常がないか、
見てみないとね!?…月の寮をのぞき見!??
「どの部屋を見よう…か、枢先輩…!!ギャー!気付かれた!?」
…これって、もし気付かれたら怒られるのかな?
キャラのリアクションとかあると楽しそう…
部屋を選択できるそうなので、全キャラを「のぞき見」できる?
「のぞき」なんて悪い事だけど、その分ドキドキしちゃうかも(^^)

他にもたくさんミニゲームがあるそうです(^^)v
聖ショコラトル・デーに舞踏祭、町でデート、肝試し!?
など楽しいイベントもいっぱい☆ 
早く優姫になって黒主学園で生活したいです!ゲーム発売が待ち遠しい。

「ヴァンパイア騎士」最新情報(ララ2月号)

2008/12/22 Mon [Edit]

2ndシーズン ヴァンパイア騎士 GuiltyDVD
Vol.1 2009年1月28日発売!!
第1夜「運命の罪人達~ギルティ~」
第2夜「永遠の約束~バラドックス~」を収録。

◆初回版特典◆
ジャケカード・特製ピンナップ・12Pブックレット そして…

2008年12月22日_P1010745
↑樋野まつり先生描きおろし!
1st&2ndシーズン全巻収納ボックス★



「ヴァンパイア騎士DS」最新情報
●発売日について
12月発売から1月29日発売予定に変更になりました。
ん?「予定」がついてる>< もうこれ以上、延期にならない?
あんまり発売日が延びるのはイヤだな~

気になるゲーム画像が載ってました~\(^^)/
2008年12月22日_P1010747

デート(?)で手をつなぎ、赤くなる零とか
ピンチに駆けつけて、頭撫でてくれる架院センパイとか
「ダメです藍堂センパイ!!」←藍堂センパイに血を舐められたり…

優姫や零の照れる顔にドキドキです!
夜間部のキャラに魅了されちゃう事、間違いナシ!!(^^)v


モデル仕様の莉磨と支葵はカッコイイ。素敵★
舞踏祭で藍堂センパイと踊る優姫が!
これ原作では枢様ですよね?他のキャラとも踊れるなんて嬉しい♪
枢様と零以外にも恋愛できるのがホント良いよね★
あ~早くゲームやりたくなっちゃった(^^)
ミニゲームも情報が載っていて、まだまだ語り足りないけれど、
ゲームについては、また後ほど。

桜蘭高校ホスト部DS

2008/12/22 Mon [Edit]

「ホスト部」のゲームがPS2からDSへ移殖♪
今度はDSで遊ぼう!新要素もたっぷりデス(^^)v

2008年12月22日_P1010751
「桜蘭高校ホスト部DS」2009年3月19日発売予定!!

気になる新要素は…
全編完全フルボイス!
PS2版でリクエストの多かった6キャラにテレビアニメのキャストが集合♪
猫澤梅人…CV:うえだゆうじ
藤岡涼二(蘭花)…CV:子安武人
宝積寺れんげ…CV:吉住梢
倉賀野百華…CV:渡辺智美
桜塚希美子…CV:浅井清己
上賀茂椿…CV:高垣彩陽
イベントスチルもたっぷり追加☆

さらに…DS版では6人のボーナスシナリオ6ルート追加♪
6人それぞれの追加ルートが(^^)もちろんフルボイス!

気になる内容は…

●環
蘭花の環への好感度を上げようと、ホスト部が動く!
ハルヒと環・蘭花は、そんな思惑も知らず買い物へ…
●鏡夜
猫澤先輩が持ちかけた賭けに鏡夜が応戦!!
黒魔術の信憑性をめぐり、男たちのバトルが。
●光
ホスト部に新企画「予言の館」が登場。
予言者・ハルヒの前に光が現れ、悩み相談を…!?
●馨
今日のホスト部はハルヒと双子だけで営業することに…。
張り切る双子だが、ヘルプのハルヒは!?
●ハニー
悩むハニー先輩に、ホスト部員の声は届くか!?
ハニー先輩の嫌いなもの克服大作戦!
●モリ
眠い状態での接客で、ファンに愛の言葉を囁いてしまったモリ。
その結果…!!?


コンタクトハートシステムにも新規ボイスが追加!
タッチペンで画面にタッチ!触れる場所によって、
キャラクターから色んな反応が♪
全部で18画面、新たな反応を試してみてね!


…PS2版はプレイ済みです。新要素があるのでプレイしたい!
ずばり6人の追加シナリオに注目!です(^^)得に鏡夜に興味があるな~
猫澤先輩出てくると楽しいから!!ドラマCDでも笑えた♪
『男たちのバトル』とか『賭け』とか面白そうだし。

「金色のコルダ」最新情報(ララ2月号)

2008/12/21 Sun [Edit]

話題独占のコルダ2f(フォルテ)。
気になる新規追加イベントの画像が掲載されました~(^^)v

2008年12月22日_P1010753
↑上:月森くんと眼鏡を買いに行くシーンがあるらしい
  下:文化祭で志水くんと柚木先輩のレアな衣装姿を目撃♪


…いいな~月森くんに眼鏡選んでもらいたいな~
愛夢は目は悪くないけど。ダテとかでも眼鏡似合わないし。
でもお揃いの眼鏡とか、憧れるっ 良いよね~
志水くんは魔法使いで柚木先輩が騎士かしら?
レアな姿も良いよね~(^^)貴重な絵が見れた♪♪

2008年12月22日_P1010754
↑演奏する衛藤くん。
ヴァイオリンの腕前は!? 気になる~



「金色のコルダ」ステラ・コンサート2
TVアニメ演奏キャストによる、ライト・クラシックコンサートが開催。
今回はついに16人の室内オーケストラが実現!
加地と新キャラ・衛藤の演奏も堪能できます!!

出演:水橋かおり(リリ役)、内田夕夜(吉羅暁彦役)ほか
日程:2009年2月22日(日) 
開演時間:第1部…13:30~ 第2部…17:30~
会場:昭和女子大学 人見記念講堂 東急田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩7分 
チケット:チケットぴあ 【一般発売】 1/24(土)より発売
公式サイト
 http://www.gamecity.ne.jp/media/event/2009/stella2/

楽曲CDも新発売!!
金色のコルダ~secondo passo~クラシック・コレクション(仮)
初回盤には…
プレイヤービデオ・インタビューが収録♪

■発売日 2009年2月18日
■価格
①初回盤:各¥2,500(税込 6曲入り)
②通常盤:各¥2,100(税込 6曲入り)

※ステラ・コンサート2とスペシャル・アニメで演奏される楽曲を、
  このCDで予習しよう!

「花咲ける青少年」TVアニメ化決定!

2008/12/20 Sat [Edit]

「花咲ける青少年」by樹なつみ
TVアニメ化決定!!
2009年4月より、NHK・BS2にて

↓キービジュアルはこちら↓
2008年12月22日_P1010750
◆ストーリー◆
「これからゲームをしないか、お前の生涯の伴侶となる男を捜すゲームを…」
世界的大企業バーンズワース財閥の会長にして父であるハリーから、
思いがけない提案を持ちかけられた花鹿。
しかし、この提案の裏にはある秘密が隠されていて…!?


白泉社文庫「花咲ける青少年」全6巻、大好評発売中。
「愛蔵版 花咲ける青少年」2月19日より刊行スタート!!


…原作読んだことないけど、ストーリー読んだら面白そう!
愛蔵版で読んでみようかな…
アニメはBSかぁ。見れない>< サイトはまだ開設してない??

「Cheese!」最新情報

2008/12/20 Sat [Edit]

「あたしは、あの日、敵の所有物になった。」
「あの日、赤い髪をした女が、俺の国と俺の心を奪って行った…」

藤間麗が遂に本領を発揮する!!
一大ファンタジー叙事詩(じょじし)の開幕

「黎明(れいめい)のアルカナ」
チーズ!3月号(1月24日発売)より連載開始!

2008年12月22日_P1010739
初回一挙100P掲載!! 表紙&巻頭カラー♪
「黎カナ」新連載を記念して、超美麗付録つき★
アルカナのタロットカードが付録に(^^)
藤間麗先生の超大型新連載をお見逃しなく!!


ついに「ウブかわ」最終回です!
御礼カラーで堂々のフィナーレ!!!
堂本奈央先生の新連載は、なんと4号から読めちゃいます(^^)v
3号「ウブかわ」最終回、4号より新連載…休まず新連載スタートです★


「恋したがりのブルー」人気投票 結果発表!!
第1位…水嶋蒼(162票)
第2位…御堂海(60票)
第3位…針谷陸(51票)
第4位…空谷清乃(22票)
第5位…ヨシダ(12票)
第6位…タコちゃん(7票)
第7位…ヒナ(5票)


↓結果を聞いたキャラたちの反応はコチラ↓
2008年12月22日_P1010741
1位の蒼は「めっちゃ照れる~」←蒼、可愛い♪
2位の海くんは営業スマイルで余裕★
3位で「もー何にも言えね~」と落胆する陸でした(^^)

CRASH! 20話

2008/12/20 Sat [Edit]

「CRASH」のステージが盛り上がり、客数も増えてきた。
けれどここに来て、客数が減っていく…
一体「Dark」のステージで何が起きているのか?!
(4巻ラストより)

…ぶっちゃけ「P-s」の時みたく、せこい手を使っている、と疑いました。
「Dark」のみなさん、疑ってすいません。アナタ達は『本物』ですね★
すべて実力でお客さんを勝ち取ってるのです!
「Dark」の、特にボーカル・要様がカッコイイ☆彼は『男』です(^^)v
彼のステージに対する姿勢とか、見ていて痺れます!

「Dark」が強いのは、客の心を掴む、圧倒的な経験値!!
路上ライブでの経験が活きている。そこは自分よりもっと上手い者が
いたら客を奪われ、つまらなければ客は去っていく実力だけの世界。
…そんな『戦場』で、俺達は大勢の客の心を掴んできた。
客がノれる曲の順序…タイミング、盛り上げ方…一体感の作り方
すべてが体に染み付いてる。
「ライブは客との”魂のやりとり”や!!」


…要様、かっこエエわ(^^) 惚れちゃいそうでした~♪
さすが「音楽性バツグンの実力派」ですね~(^^)v
もちろん「CRASH」を応援しているのですが、「Dark」が真剣に戦ってくれて
嬉しかったデス♪ 相手に不足ナシでした。どちらもステキ(^^)
もうダメかと思ったけど、最後まで諦めない「CRASH」。
客もテンションが上がり、すごい一体感でした(^^)v

「ランド内の空気から気合いが伝わってくる…!?
アイツら今、本気なんや…!」

「CRASH」の熱気が要様に伝わって…
「久しぶりや、この感覚」←要様は嬉しそうでした(^^)
「喰うか喰われるか…勝負やCRASH!」

真剣勝負のあと、「CRASHコール」と「アンコール」の声が鳴り止まない。
結果は「Dark」が2594人。「CRASH」が2482人。
「…っ…勝たせたかった…!!」←花は自分を責める。
順平くん達メンバーが「勝負だけが全てじゃない」と励ます。
「大切な事にも気付けたしな!」…そうだね。順平くんの言う通りだよね。
確かに僅差でも負けは負け。結果がすべての世界だし。
それでも大切な何かを見つけられる「CRASH」が大好きです(^^)v

「アンタら新人やけどホンモノやな。オレが保証したるわ」
「うるせー!お前らの勝ちでいいよ。数字も実力も…
てめーらなんか、とっとと超えてやるよ!!」

「じゃあ半年後…また勝負しようや。約束やで」

アハハ(苦笑) 桐は言葉遣いがなってないね。
センパイに向かってこの口ぶり(汗) 強気で俺様で、心強いけど…
でもヒヤヒヤするな~(苦笑) まあ桐が言うと、不思議と悪気は感じない。
だから別に気にならないけどね。誰ともケンカとかにならないし。
桐の生意気なセリフは聞き流すとして(笑)、あの「Dark」に認められました(^^)v

「最高のライブだった」…要様にそう言わせた「CRASH」は一躍有名人★
『注目アイドル』として世間に名が知れ渡る。そして選べないほどの
仕事依頼の山!!(^^)v
このまま一気にトップアイドルへ駆け上がる??
「ALFA」へと近づいた?「ALFA」に並ぶ日も近いかも…(?)
「しかしそこに立ちふさがる新キャラとは…!?」
…あらら。やっぱりそんな簡単じゃない?新キャラに注目!ですね。

メイちゃんの執事 58話

2008/12/19 Fri [Edit]

「なんか…本当のデートみたい」
理人さんとデート気分を味わうメイ(^^)v
2008年12月20日_P1010734
「理人さんの私服初めて見ました」
「4年半ぶりくらいです。私服にソデを通したのは」
『私服姿の理人さんって、あたしの知らない男の人みたいで…
なんかキンチョーしちゃう…』

…普段と違う一面を見れるのがデートの良さですよね(^^)
理人さんの『私服』は超レアなんだね。スーツ姿はもちろん私服もステキ★

「メイ様は、もう充分花嫁にふさわしく、ご成長されました」
「…じゃあ、理人さんがあたしを…」
お嫁さんに…して…

お嫁さんの部分は言葉にできなかった。けれどメイは伝えようとした。
でも理人さんはメイの言葉を途中でさえぎった。「もう戻りましょう」と
冷たくて、まるでメイが結婚を断られたみたいでした。

「理人さん、最近ぜんぜんチューして
くんないじゃなーいっっ!!!」

2008年12月20日_P1010735
メイは子供みたいにキレてしまう(><)目から大粒の涙がこぼれた。
『昔は、あんなに抱きしめてくれたのに…何で?』
メイが成長するにつれ、理人さんがどんどん他人行儀になっていく(><)
メイが可哀相でした。せっかくデートみたいで良い雰囲気だったのに…

「…探したぞ。ブス」
傷ついたメイの前に突然現れたのは…剣人??
2008年12月20日_P1010736
えええ~~っっ!?コレ剣人なの??
雰囲気違うじゃん!剣人も充分カッコイイけど、こんなに大人っぽくないよね?
柴田はもう少し子供だよね。なんか髪の色を変えた理人さん…ってカンジ?
うん。だから柴田で間違いないかも。理人さんに似てるってことは!
予告でも「メイの前に現れた長身の人物は、なんと剣人だった!?」
と書いてあるし…次号がめちゃくちゃ気になるじゃん!!

しかも「再びメイをめぐる三角関係に物語はぐんぐん進展!!」と書いてあるし。
理人さんと剣人がメイを奪い合う!?またまたラブバトル勃発??
愛夢はけっこう柴田派なので、この展開嬉しいかも(^^)v
メイには理人さん!なんだけど、柴田見てると応援したくなるよね~
メイも柴田のこと好きかもしれないし。そう感じさせるシーンがありました。

「メイが柴田を好きかも」と感じる1シーン(第57話より)
2008年12月20日_P1010733
なんとメイは、寝ている時に「柴田…」と、つぶやいたのです!
柴田の事を考えていた?柴田の夢でも見てたのかな?

…どんな理由にしろ、理人さんの前で柴田の名前を、つぶやいたのです!
これはマズイですね(><)理人さん、悲しいような複雑な顔してたし(汗)

赤い糸 第3話(ドラマ)

2008/12/19 Fri [Edit]

芽衣に思いを寄せる陸が
アプローチを開始!

…たかチャンがついに動く!芽衣にアプローチ

●第3話(12月20日放送)
中学3年生に進級した芽衣らは
文化祭の出し物で「占いの館」を開くことになった。
敦史は占い師役になり、芽衣も大道具の責任者を担当。
そんな中、芽衣に思いを寄せる同級生・陸は、
芽衣の気を引こうと考え自宅の定食店に誘う。
一方、敦史は入院中の母・夏実との面会を重ねる。


※12月27日(土)と1月3日(土)は放送お休み
赤い糸 第4話は1月10日(土)放送!

年末年始なので休みなのかな?
1月10日まで遠いね。第4話が待ち遠しいナ(><)

「好きです鈴木くん!!」1巻(9話ネタバレ)

2008/12/19 Fri [Edit]

ついに「鈴木くん!!」のコミックが出ます♪
GO(池山田)先生の新作「好きです鈴木くん!!」第1巻
12月24日ごろ発売デス。みんな書店へGO☆ゲットしよう!!

2008年12月18日_P1010720

下記より最新9話のネタバレです。
役に入り込み、思わず佐藤センパイにキスしてしまった爽歌!
それを偶然、輝が見てしまいますが…?


「そうか爽歌ちゃん。キスするほど俺のこと好きなんだ?
感激だな~付き合っちゃおうか

「いきなりキスした事は謝ります。でも違うんです。あれはセンパイのこと
好きだからじゃなくて…(早く戻らないと鈴木くんに誤解されちゃう…!!)」

…佐藤センパイは、ちゃんと演技上のキスだとわかっている。
爽歌が完璧に役に入り込んでいたのをイヤというほど感じた。
爽歌魅了されてしまうほどに…いや~爽歌スゴイわ。天才ですな☆

わかっていて、あんなデタラメ言ったのは、爽歌を輝に渡したくないから。
「初めは軽い気持ちだったけど、気が変わった。正直、男としてか
役者としてかはわからない。でもお前に惹かれてるのは本当だ。
もっと知りたい…爽歌」
←佐藤センパイの顔が近い
なんか強引なのが『翠くん!!』の司に似てる~なんて思っちゃったり(^^)
もちろん性格とか、全然違うけどね。雰囲気とか行動パターンが似てる?
佐藤センパイが爽歌に急接近して、楽しくなってきた♪ドキドキの展開★

佐藤センパイは、爽歌と輝は合わないと言う。根からの女優気質だから、
役に入り込むと周りが見えなくなるし、演技上なら好きでもない相手に
キスできてしまう。そういう女と付き合うのは、普通の男ならキツイと思う。
そう佐藤センパイに言われ、爽歌は泣いてしまう(><)

「お前は天才だ。その辺の男じゃお前を受けとめられない。けど俺なら理解
してやれる。そこまで役に入り込めるお前の才能を本気で尊敬してる。
俺が全部受けとめてやるよ…爽歌」

…ヤバイ~完全に佐藤センパイ落ちた(苦笑)爽歌じゃなくて、私が(笑)
愛夢こんなんでオトされるなんて、単純かも。ダメだ~
しっかりしなきゃ自分!鈴木くんの方が断然良い子なのに!!
それでも、やっぱ佐藤センパイかっこ良かった
しかも爽歌しっかり断ったのに、「お前の気が変わるまで長期戦で
行くことにしたから」
だって。爽歌が「困ります…」と言うけどガンガン攻める。
爽歌はマジで困ってるけど、個人的には佐藤センパイに頑張って欲しいナ。

佐藤センパイの事で、輝とギクシャクしたままの爽歌。
演技中も集中できず輝の事ばかり考えてしまう。
そしてセリフを間違える。「あなたが好きです…鈴木くん」
「ロミオ」という部分を「鈴木くん」と言ってしまう(笑)
それは鈴木くん本人にも聞かれていて…その場から逃げ出す爽歌。

もう一度輝が爽歌に告白した。
「それは”友達”としてですか?」←疑り深い爽歌(笑)
「バカ…そんなの男としてお前が好きに決まってんじゃん…」
輝真っ赤だよ(^^) 佐藤センパイが司で、輝はカズマだね(笑)
輝は純情少年だね。GO先生はピュアな男の子描かせたらNO,1ですネ(^^)v
「鈴木くんのことが…大好きです…」←爽歌も告白♪

「確かにそんな女はイヤだな。いくら演技でも他の男とキスしたり、
ベタベタくっつかれたらスゲェむかつく!!俺はヤキモチやきだからな!」

…あらら。やっぱそんな女の子はイヤかぁ。
愛夢も彼氏がそんなだったらイヤだもん。でも鈴木くんは心が広かった♪
「でも、それでも星野と一緒にいたい」だって
いっぱいヤキモチ妬いて、しょっちゅうケンカになるかも。
けれどケンカもいっぱいして、その度に何度も仲直りして…
それを繰り返しながら、ずっと一緒にいればいい。
輝の懐の大きさに感動!佐藤センパイに浮気しちゃったけど、
やっぱり鈴木くんが一番!!かな。2人の気持ちが通じ合った。オメデトウ♪

今日、恋をはじめます 31話

2008/12/18 Thu [Edit]

決意を胸に京汰の部屋に行くつばき。
ついに2人はHしちゃうの…!?


…今回はしませんでした。でもすっごく京汰が優しくて…
ますます京汰ラブになりました~(^^)v
↓下記から詳しくネタバレです!↓

部屋にあがった途端、急に服を脱ぎ始めたつばき。
シャツ1枚になって、ベットに横たわる。体はブルブル震えてる。
「つばき…お前に一体何が…」
京汰は「逆にウケる」と笑いをこらえていました。
笑ったけど、「前とは違うって言ったでしょ」と、震えながらも必死な
つばきに応えようと、上着を脱いで近づく京汰。

接近されてつばきは固まる。「…やっぱり止めてほしいワケ?」
「そんなこと言ってない!」つばきはやせ我慢する。
体は震えるばかり。カラダは正直だからね。どんなに頑張っても…
「じゃあつばきのバージンロードをバージンで歩くって夢、
今日で叶わなくなるけど、いいな…?」


「それでも椿くんを他の女の子にとられるよりは、ずっといい…!」
いきなり抱きしめられるつばき。すごい強い力で抱きしめられた。
「つばきってホントに俺サマの事が大好きなんだな~」京汰すごく嬉しそう。
「お前がヤラせねーからって、他の女に行くわけねーじゃん。
俺がそんな男に見えるか?」
「…見えるよ(汗)」正直に答えるつばきに爆笑!

「昔の事もあるから、俺のこと信用できないかもしれないけど…」
京汰は手を差し出し、つばきに繋がせる。
「前は女と手を握ったところで、何にも感じなかったんだけどな…
つばきとはこんな事で、けっこう嬉しかったりする」
「他の女なんかに行くかよ。だから、つばきとはキスできねーと思った。
だってさー嬉しい事は、もっとって思うのが普通だろ?
お前が相手じゃ、キスまでで止められる自信がねえよ」

…照れながら白状する京汰がホント可愛くて

「なんかさ服着てる時と全然違うだろ?」
京汰が上半身ハダカになって、つばきを抱きしめた。
つばきはあわてたけど、京汰の言葉に冷静になれた。
『本当だ…肌が吸い付くみたい。唇が触れ合うよりも、ずっとずっと
椿くんに近づけた気がする。そっか…だからみんな好きになればなるほど
キスの先を求めるのかな…』


「…俺が考えてるキスの先って、こんな感じなんだけど。どう?けっこう良くね?
これから、ゆっくり、こういう事俺が全部教えてやるから」

…京汰めちゃ優しい!(^^)もうホントに素敵男子だよ☆(笑)
つばきを責めるでもなく、「つばきのペースでいいよ」と言ってくれる。
今回改めて「今日、恋」好きになっちゃった(^^)v

「椿くん、あたしもう怯えたりしないから、キスしても大丈夫…?」
「そろそろ服着ないと風邪ひくぞ」
「ん?そろそろ帰るか?だったら送ってやるよ。服着たら呼べよ」

「…なんで?」ウフフ(笑)つばきには京汰の気持ち分んないカナ?
「…あのままキスしてたら、いきなり最後までいってただろーな。
そっちの方が良かった?…ずっとキスしたかった」

つばきにキスする。「うん…あたしも…」京汰に応えるつばき

えへへ。最後ラブラブでした~♪♪
良かった。すれ違いそうで、少し心配だったから。次号は『新展開!!』
今度は何かしら?今幸せだからトラブル系はやめてね。マジで!

スキップ・ビート! 133話

2008/12/18 Thu [Edit]

自分の過去とキョーコを重ね、成功しているキョーコを妬む千織。
テレビ局内でキョーコを見かけ、感情に任せて階段から突き落とした―
千織に突き落とされたキョーコは…!?


落ちないように、耐えようと足に力を入れるけど、耐えられず落下。
下で光サンが落下地点を予測して、キョーコを受け止めようとするが…
とつじょ方向転換(苦笑)光サンのいない方へキョーコが転がっていく(><)
「京子ちゃん!大丈夫?ケガはない??」光サンが駆け寄る。
「炭酸なのに…あんな転げ方したんじゃ、きっと半分くらいしか残らないわ…」
キョーコって、やっぱ変人?階段から落ちたのに、無傷。しかも自分の心配じゃなく、
手に抱えていたジュース(コカ・コーラ)の心配かよ!(苦笑)

「今、そこ心配するトコじゃないから…怒るよ」と、光サンも呆れ気味でした(^^)

『危険を承知で、わざと背中から落ちた…?私の顔を見るために…?
だとすれば、あの子絶対監督に密告する。あんな落ち方したんだもの。
ケガの一つだってしてない訳がない!!私、どうしよう』…千織は心配になる。
そして怯える。落ちていく時のキョーコの顔を思い出したら、体が震えた。

『何であの子は未緒でダメにならないの?』
千織が書いたキョーコへの悪口。そのノートの切れ端をキョーコは拾う。
千織が落としていった。その文面をキョーコと光サンも読む。
「京子ちゃん心あたりある!?俺顔見たから、詳しく話すよ?」
光サンの助けはいらない。「大丈夫ですから」と、キョーコは言う。
「“大丈夫”って、京子ちゃん階段から突き落とされたんだよ!?
ちっとも大丈夫じゃないよ!!もしかして、このままほっとくとか言う!?」


「いいえ…?ほっとくなんて、できないですよ…こんな面白そうな事」
『面白い…!?何が…!!??…てかコレ笑うトコ??』光サンが唖然とする。
ええ、キョーコは普通じゃないですから(笑)笑い方コワイし(汗)
「できれば黙認して見守っててくれますか?この子、あたしのモノなんで」
キョーコの場合、『モノ』は“獲物”という意味ですよね?(笑)
以前、尚のことも『モノ』って言ってた(^^)千織まで獲物なんだ…
黙認して調教でもするつもりかしら??なんちゃって(笑)
千織も“怨キョ”にとり憑かれる…なんて事はないか?

キョーコが楽しそうだとコワイ…と言うか、スキビが特殊なんだよ。
復讐とか憎悪とか妬みとか…それがメイン(?)だもんね(苦笑)
面白いから、別に気にならないけど。ただの暗い話じゃ読みたくないかも。
キョーコが千織をどうするか今は検討つかないけど、とりあえず監督には
告げ口しないようです。千織を見逃してあげて、撮影を続ける。

光サンを見て、にっこり微笑むキョーコ。光サンは「ドキッ」とする。
「センパイ?…秘・メ・ゴ・ト…しましょ?二人だけの…」
指を唇に押し当てて、「秘め事」と言ったあと投げキッス
えええ!?キョーコが光サンを誘惑!?
「…っ…はい…よろこんで(な、なんか…エロい…)」
光サンはキョーコにドキドキしてました~私もドキドキしちゃった(^^)v
キョーコじゃないみたいでした。光サン本気で悩殺されてたよね(笑)
でもその後すぐに、いつものキョーコに戻ったけど。
『京子ちゃん、さっきの大人っぽさはドコに…』←光サンのドキドキがおさまる。

ああ、そっか『ナツ』だったんだぁ。だから雰囲気が違ったんだね(^^)
役に入ってる時と、普段と…全然違う。改めて才能を感じた★
キョーコの『ナツ』はカッコ良いよね♪色気が出るんだね。
ブリッジ・ロックの光サンじゃなくて、できれば敦賀サン相手で
こんなお色気シーンやって欲しいな…な~んてね。それは無理か…

『また…さっきから小さい鈍い痛みが走る…』
なんだ。キョーコやっぱりケガしたんだ。落ちた時、右手を打撲したみたい。
包帯巻いてたから… でも、それでも骨折じゃないよね?
軽い方だからスゴイ!…じゃなくて、その程度で良かった(^^)v

監督は「また撮影がスムーズに進まねーよ」と、嘆いてましたが。
でもキョーコは「右手がフルで動かなくても、ちゃんと撮影できます」
キョーコの右手になってくれる人が沢山いるから…
あはは(苦笑) キョーコ酷いですね。結構ズバッと言いますね。
キョーコの右手になってくれる“都合のいい人間”…
千織を指名するキョーコ…千織を選んだ真意は??

裸足でバラを踏め 24話

2008/12/18 Thu [Edit]

蒼一郎さんと桂子が風呂場で
ハダカで抱き合っているのを目撃してしまう純。
「大変失礼を致しました!!」
駒井さんが桂子を連れて行く。そのあと桂子は駒井さんに叱られる。
「いい加減にしなさい!!
仕事ができるからって、何をしても許されると思ったら大間違いですよ!!」

さすがに駒井さんも怒りましたね。当然ですよ、桂子やりすぎだもん。
「私に無断で行動するのは許しません。
次回から必ず私へ報告するように…わかりましたか?」

駒井さんがキツく言ってくれたので、やっと桂子もおとなしくなるかな…
これで一安心? でも桂子「わかりました」と言ったあとに、
くやしそうな顔してるんだよね。本当は駒井さんに従いたくないかも(><)

「妬いてるのか?純、俺の背中流せよ。イヤなら桂子にやらせるぞ」
『男の裸なんて兄さんで見慣れているのに、どうしてこんなに胸が高鳴るんだろう…
妬いてた、形だけの夫婦なのに、愛情なんていらない…って言われているのに…』

純は蒼一郎さんの背中を洗いながら、始終ドキドキしていた。
「純も入れよ」…蒼一郎さんに腕を引っ張られ、浴槽に!!
服のまま強引にお湯の中へ入れられた。「ひど~い。泡が目に入った~」
「こするな…バカ」…そのあと蒼一郎さんとキス
『蒼一郎さんの唇が熱くて、とろけそう……』
まさかのラブラブな展開でした~♪桂子のおかげ?…て違うか!(笑)
この展開で、ラブラブなシーンが見られるとは
思ってなかったから、桂子に感謝♪(←え?

美卯さんが純を尋ねてくる。洋服は着慣れない美卯さんだけど、
洋服の方が望さんの好みだから洋服姿で登場!
望さんに好かれようと必死な美卯さん。服の次は香水をつける。
望さんが好きな香水を駒井さんに教えてもらう。
『花の匂いがする…このまま離したくなくなる……』
純は望さんとの事を思い出した。
その『花の香り』は、以前純がつけた物らしい。
純と同じ匂いを美卯さんは香らせる。ちょっと複雑ですね。
なんか嫌な予感が…そう思ったら、本当にこのあと嫌な展開に!!(><)

美卯さんから純と同じ『花の香り』が匂ってくる。
その匂いで望さんの頭に純が浮ぶ。美卯さんを純だと思い込んだ望さんは
美卯さんにキスしてベットに押し倒す。けれど途中で「純さん!」と口にしてしまう。
それは美卯さんにもハッキリ聞こえていて(><)
「今…何て…」美卯さんに聞かれ、我に返った望さんは「ごめん!!」と逃げ出す。
あわててベランダに飛び出し、息が上がっている望さん。興奮してる?戸惑ってる?
ようやく落ち着いたあと「会いたい…」と、つぶやきました。切ないです(泣)
匂いだけで美卯さんを純だと思い込んでしまう。
純を抱きたい衝動に駆り立てられる。こんなにも望さんはまだ純を想っている。

そして美卯さんが純の前に現れた!!
思いつめた表情の美卯さん。このあとの展開が怖い(><)
望さんの事を聞かれちゃうの?昔、関係があったとか聞かれるの?
美卯さんの顔が強ばってるから、覚悟しなきゃ。純きっと尋問される~(汗)
また波乱の予感(><) 純・蒼一郎さん・望さん・美卯さん…
4人の気持ちが複雑に絡み合う!?(純もまだ望さんに気持ちがあるし)
蒼一郎さんと早くラブラブになった方がいいのに、修羅場な展開?(汗)

スキップ・ビート! 最新情報

2008/12/17 Wed [Edit]

最新コミックス「スキップ・ビート!」21巻 2月19日発売!!
「スキップ・ビート!」ファンブックは、3月19日発売予定。


蓮サマの『抱き枕』欲しい~ 長さ110センチのBIGサイズ!
花とゆめ2号にて発見しました~(^^)
なんと20名様にプレゼント★ 応募してみようかな。
他に「学園アリス」の棗と、「花と悪魔」のビビ…3コースです。

スキビが『トランプ』になりました(^^)v
花とゆめ3号の付録です。(2009年1月5日発売)
2008年12月18日_P10107212008年12月18日_P1010723


◆アニメ情報◆
12話からは、原作でもファンの皆をドキドキの展開で引きつけた
“CMオーディション”編に突入です!!

●第12話 「開いた傷口」
尚と自分の置かれた立場の違いを痛感したキョーコ。
ステップアップするために、CMオーディションにチャレンジ!
会場へ行くと、奏江と彼女の過去を知る高園寺絵梨花の姿が。
絵梨花が明かす奏江の意外な過去とは…!?
注目キャラ「高園寺絵梨花」 CV:榎本温子
財閥のお嬢様で、奏江を一方的にライバル視している。

・キョーコが奏江にビンタ!その思いは?
・キョーコへの蓮のアドバイスシーンは必見!


●第13話 「バトルガール」
奏江と共に絵梨花と闘う決意をしたキョーコ。
オーディションは、二人一組の演技審査に。
くじ引きで奏江とペアを組むことになるが、絵梨花のクレームで
事前打ち合わせなしの、ぶっつけ本番で演技することになってしまう…!!
注目キャラ「黒崎潮」 CV:草尾毅
CM監督。チンピラの様な風貌だが、実力は確か。

・キョーコの絶望の表情の意味は?
・今度は奏江がキョーコにビンタ!?

「黒執事」ゲーム化★

2008/12/17 Wed [Edit]

僭越(せんえつ)ながら
ゲーム化させていただきます
(byセバスチャン)
『その執事、ゲーム化』
2008年12月18日_P1010732
Gファンタジー1月号の表紙見て「マジで~」と興奮しました(^^)
セバスチャンが手にしているモノ…これは「DS」じゃありませんか?

…はい。ゲーム化本当でした♪機種もDSで合ってました。
タイトル「黒執事 Phantom&Ghost(ファントム&ゴースト)」
対応機種:ニンテンドーDS 
ジャンル:主と執事の冒険(アドベンチャー)ゲーム
発売日:2009年春 価格:未定 CEROレーティング:審査予定



コミックス最新第6巻 2009年1月27日発売決定!!
Gファンタジー2月号(2009年1月17日発売)も「黒執事」が表紙です(^^)v
2月号の付録は、黒付録第4弾♪「あぶらとり紙」と「ブックカバー」。
「黒いあぶらとり紙ですだ~!」(byメイリン)
最新単行本、第6巻につけられる特製バージョンのカバー!

…黒執事の付録ステキすぎる(^^)v
1月号のスケジュール帳もカッコ良くて、すぐに気に入りました♪
予定とか何も書き込みたくないな~ なんか汚しちゃうみたいで、
使うの勿体ない気がする。…このまま保管します!(笑)

「黒執事」第12話~第15話(アニメ)

2008/12/17 Wed [Edit]

いよいよ“カレー編”突入
13話からソーマとアグニが登場。カリーの品評会では、
ある人物の画策によって騒動が勃発する。
吉野節が光るアニメオリジナルの部分に注目してほしい。
12話ではセバスチャンとグレルが久々の再会。
グレルの念願叶って初めての共同作業も!?


◆オンエア情報◆
第12話 「その執事、寂寥(せきりょう)」
ドロセルを追って不気味な塔に潜入したシエルたち。
そこには人形のような姿に変わり果てたエリザベスの姿が…!?

第13話 「その執事、居候」
謎の逆さ吊り事件を追うシエルたちは、ベンガルの王子ソーマと
その執事アグニと出会い、居候されるはめになる。

第14話 「その執事、異能」
アグニが秘密裏に向かった先は、輸入業者ウエスト邸。
後を追ったシエルとソーマたちは、衝撃の事実を目撃する。

第15話 「その執事、競争」
勝者に英国王室御用達(ごようたし)が与えられるカリーの品評会。
神の右手を持つアグニに、セバスチャンは特製のカリーで挑む。

※月刊「Gファンタジー」1月号より

ホットギミック⑤⑥巻

2008/12/16 Tue [Edit]

「ホットギミック」(文庫)完結編読みました~
ネタバレ含む感想を書きます!(けっこう長めです)

2008年12月16日_P1010695

え~と、まず梓の母親の不倫相手が、亮輝の父親だったことに驚きました。
しかもちゃんと巧妙に囮を作っていた。もしバレても表向きは囮が罪を被る。
その囮役が初のお父さん…というワケですね。さらにお父さんにも事情が…
亮輝の父親からお金をもらっていた。凌兄ちゃんが養子になった時、
お金が必要だったらしい。つまり「取り引き成立」ですね。
初のお父さんはお金のために、不倫の手伝いをしてたワケですね。
両親は無理をしてでも、凌兄ちゃんが『息子』でいることを望んだ。
『SO BAD!』でも思ったけど、相原先生の作品は家族にも触れてますよね。
色んな家庭があるわけですから、答えも「これです」と言えないけど、
考えさせられますね、毎回。個々に感じる内容はさまざまだと思いますが、
読者に投げかけてる作品だと思います!何かを感じ取れる作品です☆

前回の③④巻で、愛夢がもっとも気になっていた事…
それは「ラストに向けて凌兄ちゃんが動くか?」ですが、
かなり動きましたね(^^)v と言うか、初も動きましたね。
基本的に凌兄ちゃんはへタレですが、すべて初のため。
初を想っての行動だと…やっぱ凌兄ちゃん一番好きだな~
最後まで切ない。と言うか切なすぎだよ!お兄ちゃん(泣)
けっきょくお兄ちゃんの意志に任せる…という事で、離縁届けを提出したのか
しなかったのかは、ハッキリとは書かれなかった。
『その後』があまり書かれてませんね。茜とすばるの後日談はあったけど。

茜とすばるの番外編は、読んでいて『電車男』を思い出しました!
好きな人のために『オタク』をやめる…という部分が似てるな~と。

すばるのオタぶりに、軽く引きました(苦笑)いえ、別に『オタク』を否定するのではなく、
本当に『オタク』なんだな~と、ここまで本物だと思ってなかったから。
でも茜ちゃんがアニメとかガンダ○に嫉妬してる…というのを聞いて、
可愛いかもと思った♪ 素直な茜ちゃんがまた可愛かった(^^)v
すばる自身を好きなんだって分ったから。『オタク』なすばるを好きなんだと。
「オタクをやめないで、いいんだよ」という茜ちゃんの言葉が感動でした★

そしてラスト亮輝と梓についてですが…
亮輝の両親は離婚。亮輝は父親にも母親にもついていかない。
亮輝の選択…初に対しても、両親に対しても、やはり『子供』だと思います。
少しは親、特に母親に対して気遣いをしてあげたら…と正直思います。
初に対しても、好きだという感情ばかりが先走ってる…と目に付きます。
でも亮輝は一切嘘がない。ただ一直線に行動するのです。
「ホットギミック」は、亮輝の変わらない真っ直ぐな気持ちを
描いた作品なのでは?
…て、これ鳥海浩輔さんの受け入りですけどね(笑)
6巻の巻末にあるエッセイを読んで、私も同意見だな~と感じました。
鳥海さんは亮輝役を演じられています!ドラマCDが2枚発売されてます。
聴いたことないので聴きたいけれど、物語の前半しか収録されてません。
今後ドラマCD制作されるとイイですね。ぜひ後半部分も!

ドラマCDの話になってしまいました。話を戻します。え~と亮輝の話でしたね。
だから亮輝は「ただの子供」だとは思いたくありません。
思いやりのない子だとも思いたくありません。
母親に対しては親にも大いに原因あるでしょう。あの環境の中では
亮輝がドライになっても仕方ないのかも。そう思う私が『子供』かしら?
母親も亮輝を愛してると思うけど、どこか冷めた空気なのよね橘家って。
まぁ私が理解できないのも当たり前ですね。ウチは普通の幸せな家族なので。
初に対しては『執着』と言いますか、ちゃんと大切にしているので、
今後初と生活しながら成長していくんじゃないか、と期待しています!

素直じゃなく、相変わらず下僕みたいな扱いが気になるけどね(笑)
もう、それが『亮輝の愛』だと思って、2人仲良くネ(^^)

そして本当にラスト、梓について。「彼は何だったんだろう?」(苦笑)
「彼が何を考えているのか解らない。何がしたいのか解らない」
梓の心の中はホント読めなくて、彼の存在が途中で意味不明に(><)

初と凌兄ちゃんをくっつけようとしたり…かと思いきや、初がお兄ちゃんを
選ぶと言ったら「それでいいのか?」と聞くし。それでいざ亮輝を選ぶと
なったら、また凌兄ちゃんとくっつけようとするし…何がしたいの?
それで結局、『復讐』したいんだね。初から亮輝の父親へターゲットが
変更したけど。息子の亮輝から一番大事なもの(初)を奪う。それが梓の復讐。

最後やっぱり復讐するんだ、と梓の思惑は無事(?)わかりました。
風間くんが「見かけによらずブラックやね」と言ってた。愛夢もそう思う(苦笑)
確か「梓は復讐なんかしない」と書いたけど、復讐しようとしてるし(汗)
ショックというか呆れてるかな。梓を美化しすぎてた自分に。
梓と亮輝を比べるのオカシイかもだけど、よほど亮輝の方が可愛い。
周りの事より自分!の自己中な亮輝だけど、初を大好きだから…とバレバレ。
それに対し、梓は一見優しそうだけど、案外腹黒。
あんまりキャラの悪口書きたくないけど、梓には拍子抜けだったな~
ぶっちゃけ騙された~(><)やっぱりショックかも。復讐に生きる人で。

言い忘れたことが…
『裏ギミック』で凌兄ちゃんの学ラン見れて幸せでした♪
できればお兄ちゃんの高校時代を描いた物語を読みたい!

CRASH! 4巻

2008/12/16 Tue [Edit]

表紙に怜くんのソロがキタ~\(^^)/ 怜くん大好き♪
4巻は「アイドルバトル」が面白い。CRASH!サイコーだよ★
2008年12月16日_P1010694
下記から詳しいネタバレ
●第15話
CRASH!が花から独り立ち。花は順平くんをリーダーに任命。
CRASH!を一つにまとめようと、必死に頑張る順平くんに胸キュン。
明るくて努力家で、メンバーのことを真剣に考えて行動できる。
順平くんをリーダーに選んだのは、間違いなかったと喜ぶ花(^^)v
「楽しみだよ…花!!」←CRASH!の曲を聴いて、楽しそうな景斗。
トップアイドル『ALFA』の一吹景斗に褒められるなんてスゴイ☆

●第16話
『ALFA』のステージを見て、さすがの桐でも圧倒された。
アイドル対決が始まる。ライブの時、客との一体感に自信がない一彦。
不安な顔をする一彦を、花は連れ出し女装させる。女装姿メチャ可愛いヨ(笑)
桃原まりかの妹分としてデビューするデュオを装って、観衆の前で
踊ったり歌ったり…つまり一彦くんにステージ慣れさせる。
花って可愛いよね。花自身がアイドルになれるくらい★
一彦くんと花の2人でデビューしちゃえばいいのに…
な~んてね、冗談ですヨ(笑)冗談だけど勿体ないくらい可愛いよねー

一彦くんと花が毎日こっそり秘密の特訓してるのを怪しむ桐に、
「実は2人付き合ってたりして」と、侑吾くんが言うと…
「そ、そ…んな…」←あれ?桐、嫉妬してるの?
「そんなの…超~~おもしれ~~~!!」
えーそんな反応なの?(笑)一瞬一彦くんに嫉妬したかと思ったのに!
桐、ショックっぽい顔してたよね??まだ花を好きとか、そんな感情ないか。

風でカツラが飛んでいって、一彦くんだとバレて、4人も集まって来て、
サプライズライブ★『女装イリュージョン』と書かれ、話題に♪
アクシデントまでを活かしてしまう型破りなCRASH!でした~(^^)
ゲリラライブで新曲を披露(汗)滅茶苦茶だよぉ~そんなのアリ?
でも知名度上がったし、結果オーライで、まぁいっか(^^)v

●第17話
「いーか、お前ら。これがオレらの初ライブだ。すげぇ楽しみにしてきたライブだ。
だから全員ぶっ壊れるまで楽しまねぇと、このオレ様が許さねぇ…いくぞ!!」
…順平くんがリーダーになっても、掛け声は桐なんだね(笑)
桐の掛け声、これがまたカッコ良いんだよね~(^^)
順平くんの生アクロバットが成功☆ 順平くんはリラックスしてるし、
一彦くんも物怖じしてないし…努力と特訓の成果がでてますネ♪
侑吾くんも4人に絡む様になった。一人一人が成長しました(^^)v
という事で、アイドルフェス1日目、CRASH!が圧勝♪♪

2008年12月17日_P1010718
●第18話
次の対戦相手は…なんとP-s(ピース)!できれば対戦したくない相手。
小・中学生に人気のあるP-s。だけど今回の客層は70%が高校生以上。
勝つために、P-sとは真逆の雰囲気「大人っぽさ」で勝負することに!
けれど泉社長に、はめられてしまう(><)ステージには桐と怜くんしかいない。
3人はどこか別の場所へ連れて行かれてしまった。相変わらず泉社長せこい。
もう開演時間なので、とりあえず2人でステージへ。
3人がいないことは演出だと思わせる。でも桐と怜くんは仲悪いから(><)
2人はステージ上でケンカしてしまう。しかも本気のケンカ。もうヤバイ(汗)

花のフォローでなんとか冷静になった2人。大声で「CRASH!」コールを繰り返す。
観客の声が3人に届いて、やっと5人揃った。ふ~良かった。一時はどうなるかと…
毎回けっこうハラハラドキドキするよね(苦笑)それでもP-sは強いね。
良いライバルだと思う(^^)わずかな差でした。危なかった。
「次のイケニエは君らや…CRASH」 P-sに勝って喜ぶのも束の間、
次の対戦相手「Dark」にイケニエと言われ、何やら嫌な雰囲気に(><)
四条くんがいる「スタディ5」は「Dark」に惨敗したのだ。

●第19話
「Dark」に勝てたら一気に有名になれるけど、負けたらアイドル生命が危うい。
それは大げさだけど、仕事は確実に減る(><)
花は何としてもCRASHを勝たせたいけど、「Dark」は「ALFA」の次ぐらいのレベル
「スタディ5」より遙か高みにいる。しかも音楽性抜群の実力派。
弱点は見当たらず、隙がない。今までの相手とは全然違う。花でも不安になる。

「Dark」の欠点を探すのではなく、CRASHの長所をもっとアピールすることに。
客は飾らない、素の5人だからこそ「こんな男の子が近くにいたら、いいなって
夢を持てる」 だから、ステージ上で『デート』を演出すればいい。
花が女の子役で、5人それぞれとデートする…という「お芝居」をする。
5人の考えた『デートプラン』にお客さんの反応も上々だ(^^)v
桐の『アドリブ』にはドキドキしたよね~「…離したくない」だって

観客も増えてきて、このままCRASHが勝利!と思ったけど…
今になって観客が減っていく。これは「スタディ5」が負けた状況と同じらしい。
「Dark」はここからが強いのだ。一体「Dark」のステージで何が起きている??
気になるところで5巻に続く…です。でも愛夢は「りぼん」で20話読みました。
20話のネタバレも後日更新しますね(^^)

●こぼれ話(これは本編にはあまり関係ない、愛夢の「つぶやき」です)
18話の巻頭がお気に入りです! 桐と怜くんのツーショット
この2人はやっぱり『花』があるな~ 2人で並んでると魅了される☆
以前この2人組でデビューさせる、という話があったよね。(2巻参照)
もちろん今は5人組でしか考えられないけど、2人で活動して欲しい!!

例えば期間限定でデュオ組むとか。
CRASHの活動もして、それとは別に2人だけで活動する。
その場合、桐と怜くんの仕事が多くて大変だけどね(><)
すいません。やっぱり戯れ言です。それでも何か2人で仕事して欲しいな~
あっドラマ出演とかいいかも…でも、まずは2人が仲良くならないとネ(笑)
Top
あいらぶ少女コミックス+α
Next
Older Entries

ミニチュアダックス時計

ブログ検索

プロフィール

愛夢

Author:愛夢
生年月日/性別
妻夫木聡サンと同じ/♀
好きな作品&キャラ
「スキップ・ビート!」
…敦賀さん
「ヴァンパイア騎士」
…零、枢サマ
「金色のコルダ」
…加地君、月森君
「桜蘭高校ホスト部」
…環、鏡夜

初めてハマった少女漫画
「ふしぎ遊戯(朱雀編)」
…翼宿、柳宿
初めて観た映画
「花より男子」
…花沢類(藤木直人)

最近の記事

コメント大歓迎!!

カテゴリー

月別アーカイブ

トラックバックも歓迎♪

ブロとも申請フォーム

カウンター


(since 07/09/05)

現在の閲覧者数:

赤い糸

「赤い糸 DS」&
「赤い糸 destiny DS」発売中
コミック「赤い糸」7巻7/31発売!
映画「赤い糸」DVD 発売中
ドラマ「赤い糸」DVD 7/15発売!
「赤い糸」シリーズ
400万部突破!!

アンケート

「スキップ・ビート!」のアンケートです。好きなキャラを選んで投票して下さい。『その他』の方は、お手数ですが、誰かをコメントに記名して下さい。
あなたの一票を、お待ちしております。

QRコード

QRコード

RSSフィード

相互リンク 随時受付中!

片恋トライアングル①巻

天乃忍、初コミック 1月5日発売
「片恋トライアングル」①巻 2008年12月09日_P10106682008年12月09日_P1010669

リンク2

http://www.kisscomic.com/

http://www.chuchu.jp/

http://www.nakayosi-net.com/

http://www.betsucomi.shogakukan.co.jp/

Sho-Comi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。