あいらぶ少女コミックス+α

「今日、恋をはじめます」「ほしいのは あなただけ。」のネタバレ更新中

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキップ・ビート! 134~136話

2009/03/11 Wed [Edit]

台本上で『いじめシーン』は最初から最後まで描かれない。
「10代の君たちが、現代の10代らしく思うままの
『いじめシーン』をリアルに各々表現してくれ」

…監督はキョーコたちにまかせる。

「けれどそれは、君(キョーコ)がメインで動いてダークムーンばりの
見る者に怖いと思わせる過激な『いじめシーン』が撮れてこそなんだ…」

…監督は『ナツ』に期待している。
『ダークムーン』の『美緒』のような、恐ろしい『ナツ』を。

けれど、いざ演技が始まったら、信じられない光景が…?!
「何なんだ…っ この状況は―!!」
…監督は思わず驚愕した!
それもそのはず。ナツ(キョーコ)ではなく、
ユミカ(千織)がイジメていたから!!(驚き)

『芝居経験もろくに無いタレントが偉そうに―!!
何が何でも私の足元に、這いつくばらせてやる―!!!』

…キョーコに言葉でなじられ、闘志を燃やす千織。
まるで千織を追いつめていくかのようなキョーコの演技。
そして、『ユミカ』がイジメる状況へと芝居は進んでいった。

「なんて恍惚とした顔で笑ってんだよ―…
楽しんでやがる…あの状況を。心の底から」

…『ナツ』は実に楽しそうな顔で、『ユミカ』がイジメるのを見ている。
正直怖いです。本当に怖いです(苦笑)でも美しいです(←え?
「ユミカ…いいわぁ、アンタ。今すごく素敵よ…大好き」
…どうやら『ナツ様』は、満足らしい(笑)
監督はキョーコの『ナツ』に魅せられてしまった。呆然と立ち尽くす。

『千織の演技を超えた凄まじさに、途中で素に戻ってしまった…』
…共演者2人は、キョーコと千織の演技を超えた緊迫感に物怖じした。
『こんなに芝居を怖いと思ったのは初めてだ…』
千織は演技じゃなく『本気』で、
そんな千織を見て笑ったキョーコも、また演技じゃない。
『ナツ』を演じた訳じゃない。
キョーコは生きていた。あの瞬間を、『ナツ』として…。

…改めてキョーコはスゴイ!と感じた☆
キョーコは演技をするのではなく、その人物としてその時を生きる。
もう芝居や役者じゃない、と思った。その域を超えてる。
その辺の女優には、とても真似できない…
もう『才能』と言っていいだろう。キョーコしか持ってない天性。
他にいたとしても、数少ない領域だろう。

さらにスゴイのが、キョーコ自身だけじゃない事。
共演者…さらには監督までも、キョーコの演技に何らか影響される。
共演者がやる気になったり、逆に演じるのが怖くなったり…
監督はキョーコの演技に唖然とするし。
関係者みんな、キョーコの演技に心揺さぶられる。

2009年03月11日_P1010806
(↑花とゆめ6号・美麗☆ふろく「着せ替えHCカバー」)
このイラストは新ドラマ『BOX“R”』より
キョーコが新しく演じる『ナツ』です。ちなみに蓮サマは出ません。
今回は共演ではありません。共演がよかったな~(←少し残念
それにしても、このイラストはドキドキしますねぇ。
キョーコが蓮サマのネクタイに手を絡ませて…
そして蓮サマはキョーコの腰を抱いて…うわ~アダルトな表現(汗)
そんなヤラシイ言い方だと誤解される!!(←自分にツッコミ
…じゃなくて、とてもカッコ良くて、素敵なイラスト☆です!(笑)
下記より「ネタバレの続き」です!!(中断して、すいませんでした)

監督は千織の過去を知っていた。
昔、千織が出演した『緋色のダイス』の監督と知り合いだった。
『緋色のダイス』の監督が言っていた。
―あの子なら全力でやり通す。たとえまた昔のように「悪い」
イメージがついたとしても、今の彼女なら、そんなものには
負けない実力があるはずだから―


「そうアイツが言ってた。いやいや、その通りだったな。
君が天才子役と名を馳せたのは、年齢以上に演技が
上手かったから、だけじゃない。いい芝居(もの)を残したいって
大人顔負けの演技へのこだわりが、そうさせたんだ。
それは今でも変わらないんだな…」

…監督は千織のことも高評価した。リハが終わった後、
すごい勢いで千織を褒めていた。褒めすぎ、というくらい。
でも千織もスゴイと思う。キョーコに負けてない。
ライバルにふさわしい。ここまで彼女が演じられるとは(驚き)
彼女も、それだけ実力のある女優さんなのだろう。
キョーコと対等に競演していた☆ 
でも『いじめシーン』は怖いけどね。なんて恐ろしいの千織(苦笑)

けれど千織の胸中は違った。
監督に褒められても、千織は複雑な気持ちだろう。
『演技へのこだわり…?そんなの無かったのに。
あの子のセリフに挑発されて、私の足元に跪かせたくて
怒りにまかせて演じただけ。
演技どころか私は、自分が『ユミカ』である事さえ忘れていた』


『それどころか最後まで「ナツ」であり続けたあの子を見て
敗北感を味わうよりも、不本意な形で醜い役のイメージに
捕われることの方を恐れてしまった―』

千織はリハで『ユミカ』が演じた「いじめシーン」を、
本番では自分ではなく、『カオリ』にやらせようと思った。
「ユミカよりカオリがやるのが、設定上、適してると思います」
…監督にそう言おうとしてたのだ。

…つまり千織は、芝居から逃げたのだ。
『もう演技者なんかじゃ、ない…』
千織の目から大量の涙がこぼれる。
キョーコは「自分が泣かせてしまった」と、うろたえる。
キョーコが謝ってみても、お礼をしてみても、
千織は惨めな気持ちがして、ずっと怒りっぱなしで機嫌が悪い(苦笑)

そんな千織に、キョーコは正直な気持ちを伝える。
キョーコは昔イジメられっ子だったのを千織に明かす。
そして「そんな過去がある私が、たとえ演技でも
人がイジメられてるの見て、思える訳がないって思ってたんですっ
『楽しい』なんて…!! なのに思っちゃったんです。頭と心の中に、
自分とは違う全く別の人格が存在して…『気持ちいい』って」

キョーコはすべてを千織に打ち明けた。

「そんな事、平気で思う自分に、頭ではすごく動揺してるのに
止められなかった…高揚する気持ちも身体も…
こんな感覚、初めてなんです」
―怖くて、不思議で…まるで知らない異次元(せかい)を
冒険してるみたいにドキドキする…―

…それは演じる者だけが知り得る戸惑いと喜び。
キョーコはまた一つ階段を上った。

「…この感覚を引き出してくれたのは、
天宮さんだと思うから…だから…ありがとう」

…素直に自分の気持ちを伝えたキョーコ。
キョーコに感謝された千織は、どーするの??
次回、137話…『BOX“R”編』ついにクライマックス!!
Prev
近キョリ恋愛 15話
Top
あいらぶ少女コミックス+α
Next
「のだめカンタービレ」連載再始動♪

Comments

イラスト、良いですね~
かなりカッコ良いです~ 蓮様、何だか恍惚とした感じですよね。

そして、キョーコ、相変わらずすごいですね。
愛夢さんのコメントからキョーコのすごさが分かります

ああ、早く読みた~い
そして蓮様との話に早く進んで欲しい・・・・

Re: 海外駐在さんへ

海外駐在さん、こんにちわ
管理人の愛夢です。コメントどうもです(^^)
はい。イラストとてもカッコ良いです!
21巻のカバーと着せ替えようかな~と思ってます☆

あと1話でBOX“R”編終わるので、蓮サマいっぱい出てくると思います!
蓮サマとの恋愛も進んで欲しいです!

キョーコはこのドラマで今までのいろんな欠点が浮き彫りにされたけど、まさか全て乗り越えてここまで成長するとは予想以上の展開でした。蓮の力無しでよく一人で戦って本当に凄い女優さんになりましたね。クーパパの言っていた役として生きる喜びを掴んで、蓮が百瀬さんやキョーコを計算して演技させたようにキョーコも千織を演技させたし、その時蓮が言っていた、相手の実力が無いとそんな流れにならないと言ったけど、千織だからあそこまで恐ろしいシーンになったんでしょうね。キョーコは蓮の演技のレベルまでだいぶ近づいたんじゃないかな?だから私はこのドラマはヒット間違いないって思うんです。キョーコは初めて周りに味方がいない仕事場で、1から信用を勝ち取らなきゃいけなかったけど、ここを乗り越えたら他の仕事場でも大丈夫なんじゃないかな?と思いました。
次号のBOX"R"の後蓮の誕生日も近づいてるし、B・Jと俳優Xもどんな流れでキョーコはどう絡むのか気になります!
あのブックカバーの蓮ですが、ピアスをしてたんで、今までそんな蓮は見た事無かったから凄く気になるんです。

Re: よしちゃん様へ

よしちゃん様の意見に、とても共感しました!(^^)v
よしちゃん様が言うように、千織の良い演技を引き出したのは
キョーコで、千織もまたそれだけの実力があって…
キョーコの演技は、蓮サマのレベルに近づいたと思います!!
日々成長していくキョーコを見るのは爽快です!
とても気持ちが良いし、楽しいです♪♪
もっと上手くなって、クーに成長した所を見せてほしいです。
もう十分成長しましたね。今回で。もうクーに見せてもいいかも。
「よくやったな、クオン」なんて褒めてくれますよね?
それでもキョーコの更なる成長を期待してしまいます。
キョーコは『無敵』な気がするので。『ほんの一握りの役者』ですからvvv

BOX“R”編の後も楽しみですね!!
スキビは展開が読めないし、その上ストーリーが面白いから
毎回ドキドキワクワクして読んでます♪
カバーイラストの蓮サマのピアスは、一見気づきませんでした(苦笑)
よしちゃん様のコメント読んでから、確認しました(^^)v
…いつもコメントありがとうございます!それでは、また。

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
あいらぶ少女コミックス+α

ミニチュアダックス時計

ブログ検索

プロフィール

愛夢

Author:愛夢
生年月日/性別
妻夫木聡サンと同じ/♀
好きな作品&キャラ
「スキップ・ビート!」
…敦賀さん
「ヴァンパイア騎士」
…零、枢サマ
「金色のコルダ」
…加地君、月森君
「桜蘭高校ホスト部」
…環、鏡夜

初めてハマった少女漫画
「ふしぎ遊戯(朱雀編)」
…翼宿、柳宿
初めて観た映画
「花より男子」
…花沢類(藤木直人)

最近の記事

コメント大歓迎!!

カテゴリー

月別アーカイブ

トラックバックも歓迎♪

ブロとも申請フォーム

カウンター


(since 07/09/05)

現在の閲覧者数:

赤い糸

「赤い糸 DS」&
「赤い糸 destiny DS」発売中
コミック「赤い糸」7巻7/31発売!
映画「赤い糸」DVD 発売中
ドラマ「赤い糸」DVD 7/15発売!
「赤い糸」シリーズ
400万部突破!!

アンケート

「スキップ・ビート!」のアンケートです。好きなキャラを選んで投票して下さい。『その他』の方は、お手数ですが、誰かをコメントに記名して下さい。
あなたの一票を、お待ちしております。

QRコード

QRコード

RSSフィード

相互リンク 随時受付中!

片恋トライアングル①巻

天乃忍、初コミック 1月5日発売
「片恋トライアングル」①巻 2008年12月09日_P10106682008年12月09日_P1010669

リンク2

http://www.kisscomic.com/

http://www.chuchu.jp/

http://www.nakayosi-net.com/

http://www.betsucomi.shogakukan.co.jp/

Sho-Comi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。